中国当局による攻撃との見方も?宇宙人狼ライク『Goose Goose Duck』がサイバー攻撃で数日間ダウン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国当局による攻撃との見方も?宇宙人狼ライク『Goose Goose Duck』がサイバー攻撃で数日間ダウン

「毛沢東―暗殺者」など中国当局にとってセンシティブな名前を使用していたため?

ニュース ゲーム業界
中国当局による攻撃との見方も?宇宙人狼ライク『Goose Goose Duck』がサイバー攻撃で数日間ダウン
  • 中国当局による攻撃との見方も?宇宙人狼ライク『Goose Goose Duck』がサイバー攻撃で数日間ダウン
  • 中国当局による攻撃との見方も?宇宙人狼ライク『Goose Goose Duck』がサイバー攻撃で数日間ダウン

Gaggle Studiosが手掛ける人気の無料『Among Us』ライクゲーム『Goose Goose Duck』が、サイバー攻撃によって数日間ダウンするという事態が発生しました。現在は解消済みです。

このサーバーダウンによって1月9日から1月12日にかけてゲームがプレイできない状態になっていました。これは何者かによるサイバー攻撃の影響で、数日間の作業を要しました。この期間で強化を行ったほか、プレイヤーデータが危険にさらされていないことも明らかになっています

攻撃は2ヶ月前より続いてたようですが、60万人以上のプレイヤーの不安を過度に煽らないために、12月中旬に一度言及するのみに留めていました。しかし今回、対策のためのサーバーダウンに踏み切ったようです。

SteamDBの同接数グラフでは普段数十万人集めている状態が、この期間のみ平坦になっており不自然な形になっています。一方で、解消後の現地時間12日にはSteamのみの歴代ピーク同接数を更新し、70万2,845人を記録しました(全プラットフォーム合算では80万人を超えたことがある)。

Gaggle Studiosはサイバー攻撃の詳細を明かしていませんが、中国当局による攻撃ではないかとの見方も出ています。読売新聞が報じたところによると、米政府系のラジオ局であるラジオ・フリー・アジアは11日、一部ユーザーが「毛沢東―暗殺者」や、収賄・横領の疑いで失脚した元政治局員と同名の「薄煕来」といった中国にとってセンシティブな名前を付けていたことが、中国当局の検閲で問題視された可能性があると指摘しました。


Goose Goose Duck』は、ガチョウ同士で協力してタスクをこなし、それを妨害するマガモを排除するという『Among Us』に類似した内容の作品です。基本プレイ無料で楽しめることが特徴で、本家から改善された点も見られる模様。日本語にも対応しています。Steamおよび、iOS/Android向けにも配信されています。


Razer Kraken Mercury White ゲーミングヘッドセット RZ04-02830400-R3M1
¥6,480
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Razer BlackShark V2 X ゲーミングヘッドセット RZ04-03240100-R3M1
¥5,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  2. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  3. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

    ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  4. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  5. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  6. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  7. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

アクセスランキングをもっと見る

page top