Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚

少なくとも、プラットフォームの規約は守らなければなりません。

ニュース ゲーム業界
Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚
  • Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚
  • Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚
  • Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚
  • Steamのとあるゲームが禁止されているブロックチェーンプログラムを無断で仕込んでいたことが発覚

Steamで公開されているRTSゲームに、ブロックチェーンアプリが同梱されていることが判明し、議論を呼んでいます。

問題となった作品は、無料で早期アクセスが公開されているRTS『Kingdom Under Fire: A War of Heroes (GOLD Edition)』。2000年に韓国で発売された作品で、Steam版の本作はグラフィックアップデートが予定されています。

そんな本作ですが、海外ユーザーの手によってゲームにブロックチェーンプログラムが同梱されていることが判明しました。

ブロックチェーン技術は暗号通貨やNFTの基礎となっている技術であり、電子データを複製できないようにすることで、暗号通貨の価値を担保しています。同じように、ゲーム内アイテム等を複製できないようにして価値を持たせる「NFTゲーム」等も考案されていますが、Steamではこれらのブロックチェーン技術を用いたゲームを明確に禁止しています。

ユーザーのPCリソースを間借りするというブロックチェーンのシステム上、ストアページに注意書きが無いことは問題ですし、そもそもSteamの規約に違反しています。ゲーム業界だけでもNFT技術については賛否両論が分かれていますが、プラットフォームの規約は守らなければなりません。


《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  2. モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

    モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

  3. Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

    Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

  4. ベラルーシ政府が『World of Tanks』開発元の幹部を「テロ支援者」に認定…政治的な圧力によるものか

  5. 国内のPCゲームプレイ経験者は1千万人以上!「今後プレイしたい」という潜在ユーザー数も同程度存在するという調査結果が公開

  6. 『World of Tanks』開発のWargamingがロシアとベラルーシから完全撤退―この決定でかなりの損失を想定

  7. 2022年「ゲーム業界」関連記事ランキング!『真・女神転生』MMO訴訟、オランダのルートボックス規制法案など【年末年始特集】

  8. Amazonで『トゥームレイダー』の新作ドラマシリーズが準備中!脚本は映画「007」にも携わった脚本家が担当

  9. スクエニ魔法ACT『FORSPOKEN』が1位!Steam売上ランキングまとめ―『Dead Space』リメイクも上位に

  10. 『ロード オブ ザ フォールン』DLC第1弾「古代の迷宮」が配信決定―新武器・防具・ダンジョン・ボス追加

アクセスランキングをもっと見る

page top