NFTは「怪しすぎる」からSteamから排除した―ゲイブ・ニューウェル氏が暗号通貨導入時の失敗も振り返りつつ言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NFTは「怪しすぎる」からSteamから排除した―ゲイブ・ニューウェル氏が暗号通貨導入時の失敗も振り返りつつ言及

2021年に『Age of Rust』がリリース不可になった際にNFTを扱うゲームがガイドライン違反となっていることが明らかになりました。

ニュース ゲーム業界
NFTは「怪しすぎる」からSteamから排除した―ゲイブ・ニューウェル氏が暗号通貨導入時の失敗も振り返りつつ言及
  • NFTは「怪しすぎる」からSteamから排除した―ゲイブ・ニューウェル氏が暗号通貨導入時の失敗も振り返りつつ言及
  • NFTは「怪しすぎる」からSteamから排除した―ゲイブ・ニューウェル氏が暗号通貨導入時の失敗も振り返りつつ言及
昨年、Golden Joystick Awards 2021に登場した際のゲイブ・ニューウェル氏

ゲイブ・ニューウェル氏は、SteamにおけるNFTの取り扱いについて海外メディアEurogamerからのインタビューに答えました。

NFTとはNon-Fungible Tokenの略称で日本語では「非代替性トークン」とも表現されている、代替不可能なデジタル資産のこと。マイクロソフトのXbox部門トップであるフィル・スペンサー氏が「エンタメよりも搾取性を感じる」と警戒し、インディーゲーム配信プラットフォームitch.ioは「NFTは詐欺」として明確に批判的なスタンスを表明、一方ではユービーアイソフトが「ラビッツ」をサンドボックス型メタバース『ザ・サンドボックス』に登場させ、テイクツーのCEOストラウス・ゼルニック氏は「NFTは本物」とするなどゲーム業界において賛否両論の状態でたびたび話題となっています。またTeam17がNFT市場参入を表明から数日で撤回することになっており、一般ユーザーからは否定的な反応が目立ちます。

そんなNFTを活用するゲームは、Steamではガイドライン違反となることが2021年10月に『Age of Rust』がリリース不可となった際に明らかとなっていました。今回のインタビューはそのことを踏まえてされたもので、ニューウェル氏は理由を「行われていることが怪しすぎました」と答えています。さらに「裏で違法なことが行われており、これはダメだと。ブロックチェーンは技術としては素晴らしいですが、現状ではどれもとても怪しいです。そうしたものには近づきたくないでしょう」と続けています。

またかつてはSteam上での支払いに利用できたものの2017年にサポート終了した暗号通貨にも言及。暗号通貨による支払いの50%は不正だったと振り返りつつ、暗号通貨はその価値の不安定さが問題だとの見解を示しました。

なお、NFTを利用したゲームにまつわる違法行為としては、日本でもサイバーステップの『テラビット』が、その内容を丸々盗用され全く異なるNFTゲームとして宣伝されてしまったケースもあります。


《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

    モバイル版『バトルフィールド』の開発中止が決定…今後は『BF2042』と次回作のプリプロに注力

  2. Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

    Xbox 360ストアで一部タイトルが販売終了へ―買えなくなる『ジェットセットラジオ』『デイトナUSA』などに要注意

  3. Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

    Epic Gamesの基本無料バトロワ『Rumbleverse』がサービスを終了…日本でのリリースは叶わず

  4. ベラルーシ政府が『World of Tanks』開発元の幹部を「テロ支援者」に認定…政治的な圧力によるものか

  5. 国内のPCゲームプレイ経験者は1千万人以上!「今後プレイしたい」という潜在ユーザー数も同程度存在するという調査結果が公開

  6. 『World of Tanks』開発のWargamingがロシアとベラルーシから完全撤退―この決定でかなりの損失を想定

  7. 2022年「ゲーム業界」関連記事ランキング!『真・女神転生』MMO訴訟、オランダのルートボックス規制法案など【年末年始特集】

  8. Amazonで『トゥームレイダー』の新作ドラマシリーズが準備中!脚本は映画「007」にも携わった脚本家が担当

  9. スクエニ魔法ACT『FORSPOKEN』が1位!Steam売上ランキングまとめ―『Dead Space』リメイクも上位に

  10. 『モンハン』『バイオハザード』シリーズが貢献!コンシューマ販売本数2,910万本で前年超え―カプコン第3四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

page top