『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果

『スマブラSP』ディレクターの桜井政博氏が、開発中に直面した「テレワーク」について紹介。どのように問題を乗り越えたのか語っています。

ニュース ゲーム業界
『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果
  • 『スマブラSP』開発チームは「コロナ禍のテレワーク」をどうやって乗り越えた?桜井氏が実践した「在宅支援策」の成果

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラSP)』のディレクター・桜井政博氏が、本作の開発中に直面した「コロナ禍でのテレワーク」について紹介。本作がどのようにテレワークを乗り越えたのかを、自身のYouTubeチャンネルで語っています。

『スマブラSP』はソフト発売後、追加コンテンツの開発中である2020年4月から全面テレワークに移行。テレワークが始まってしばらく経った後、桜井氏はまず「テレワークについて感じたことのアンケート」を各スタッフに実施したといいます。

アンケートでは、通勤時間や空調などの改善がメリットに挙げられるなか、やはりいくつかの問題点も報告。特に多かったのは下記の5点です。

  • 机や椅子を確保できない。

  • リファレンスモニターが無い。

  • 回線が遅い、もしくは不安定。

  • テストプレイができない。

  • 人とのふれあいが欲しい。

アンケート結果を受けた桜井氏は、「機材を購入できれば解決できそうな点がいくつかある」との考えから在宅支援策を考案。自身が代表を務める有限会社ソラで特別補助予算枠を作り、開発スタッフたちの機材購入に充てたといいます。

この支援策、開発スタッフであればテレワークに必要な物を自由に選び購入できるうえ、返却の必要はなくそのまま私物にしてもOK。申請も非常に簡単で、欲しいものをAmazonなどで選び、商品ページを送るだけ。あとはソラ側で注文してスタッフの住所に送ってくれるといいます。

テレワークは会社の物と私物の区別がつきにくく、それぞれの会社で購入しようとしても手続きや申請・承認に時間がかかるのは必然。その無駄を無くし、最大のスピード感をもって開発に取り組むために、すべてをソラで請け負ったとのこと。効果については「これは良い効果が得られたと思います。非常に喜ばれましたしね」と振り返っています。

最後に桜井氏は「コロナ禍でゲーム開発が遅れがちになるのは本当です」と強調。いちディレクターの感覚としても、作業ペースは3割ぐらい落ちている印象だといいます。

『スマブラSP』も追加コンテンツの開発段階だから助かったものの、そうでなければさぞ苦しかっただろうと予想。とはいえ、どのような状態においても、なるべく柔軟に進められるようにはしたいとし、テレワークの話を締めくくりました。

テレワークについての全編は、1月25日に投稿された動画「ソラの在宅支援策 【雑談】」から確認できます。


桜井政博のゲームについて思うこと 2015-2019
¥1,485
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
¥6,391
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  2. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  3. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

    独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  4. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  5. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  6. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  7. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top