『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

以前のインタビューでも、真っ向から否定するような姿勢ではありませんでした。

ニュース ゲーム業界
『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも
  • 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも
  • 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

勝利の女神:NIKKE』や『デスティニーチャイルド』のイラストを担当した韓国のイラストレーターキム・ヒョンテ氏が、TwitterにてAIを活用したイラストを公開しています。

Twitterには複数のイラストが公開されています。AIイラストの場合は絵柄に特徴も出ていますが、「Stable-diffusion(AI) で生成後、フォトショップ等での加筆を行なった」などと明記もされています。加筆がどれほどかは分かりませんが、最近のAI技術を考えれば、細部の修正のみにとどまっている可能性は高そうです。

直近では、自身の絵を学習させたモデルを使用したイラストも投稿。こちらは他のものと比べ、キム・ヒョンテ氏のテイストが出ている1枚となっています。

また、同氏は2022年9月の「東京ゲームショウ2022」にて実施したインタビューにて、AI技術に対する姿勢も明らかにしています。AI技術の進化のスピードは凄まじく、当時と現在とでは状況は異なりますが、インタビュー時点では「難しい問題だが、ポジティブな面もある」といった意見でした。


他にも、企画の試案などで活用できるといった活路を見出しており、問題点は認識しつつも、真っ向から否定はしないといった方針が見えています。同氏はイラストレーターでもありながら、『勝利の女神:NIKKE』においてはプロデューサーも務めているため、また違った視点を持っているのかもしれません。


AI 2041 人工知能が変える20年後の未来 (文春e-book)
¥2,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
AI技術の最前線 これからのAIを読み解く先端技術73
¥3,465
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kaiware》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

    『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  2. 『Warframe』開発元の新作アクションRPG『Soulframe』世界観を紹介するゲームプレイ動画が公開

    『Warframe』開発元の新作アクションRPG『Soulframe』世界観を紹介するゲームプレイ動画が公開

  3. 【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

  4. “チートとの真っ向勝負”を宣言!シーズン3開幕控える『The Cycle: Frontier』チート対策のプロセスを語る

  5. 『Fate/EXTRA Record』ワダアルコ氏描き下ろしのキービジュアルも!最新映像に主要サーヴァントたちが集う

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『CS:GO』プロシーンで2選手がチート使用によりBAN、所属チームは大会出場停止に

  8. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

  9. 『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

  10. 鬼ならぬゲイブ氏も笑う?次回サマセ含む、2025年前半のSteamセール・フェス情報が早くも公開「放置ゲームフェス」や「ゾンビvs吸血鬼フェス」など注目イベントも

アクセスランキングをもっと見る

page top