ちょっとした家が買えるレベル!?いまだSteamで人気の『CS:GO』レアスキンが高額で取引される…その理由とは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ちょっとした家が買えるレベル!?いまだSteamで人気の『CS:GO』レアスキンが高額で取引される…その理由とは?

ディープな『CS:GO』スキン取引の世界。

ゲーム文化 カルチャー
ちょっとした家が買えるレベル!?いまだSteamで人気の『CS:GO』レアスキンが高額で取引される…その理由とは?
  • ちょっとした家が買えるレベル!?いまだSteamで人気の『CS:GO』レアスキンが高額で取引される…その理由とは?
  • ちょっとした家が買えるレベル!?いまだSteamで人気の『CS:GO』レアスキンが高額で取引される…その理由とは?
  • ちょっとした家が買えるレベル!?いまだSteamで人気の『CS:GO』レアスキンが高額で取引される…その理由とは?

いまだ高い人気を誇るValveの対戦FPS『Counter-Strike: Global Offensive』のレアスキンが、日本円2,145万円(元値16万ドル、現在の為替で計算)で取引され話題を呼んでいます。

ちょっとした家が1軒買えちゃうレベル!?超高額取引された理由とは

この取引は、サードパーティのスキン取引サイトにて行われました。AK-47のWild Lotusと呼ばれるこのスキンは、普段は2,000~3,000ドル前後で取引されます。では、なぜこのスキンは16万ドルという高額で取引されたのでしょうか。

理由は2つ考えられます。1つはスキンの状態が非常に良いことです。本作のスキンは排出時に、「戦いで傷ついた」「新品同様」などの恒久的な「摩耗度」ステータスが割り当てられ、それによって価値が変動します。このスキンは、摩耗度の状態が最上級である「未使用(Factory New)」状態であったことが、高い価値を付けた理由の1つです。

もう1つは、高額なステッカーが貼り付けられていることです。このAK-47には「Reason Gaming (Holo)| Katowice 2014」というレアなステッカーが貼り付けられているだけでなく、摩耗もしていません。それが4つも貼り付けられていることが、このスキンの価値をさらに上げました。

ディープすぎる『CS:GO』スキンの世界…過去には1億円に迫る取引も

『CS:GO』はSteamの同時接続プレイヤー数ランキングで、未だに『Dota 2』と共に1位2位を争うほど高い人気を誇ります。過去には500万人民元(日本円9,751万円、現在の為替で計算)と日本円で1億円に迫るほどの超高額取引が行われることもあり、いまだ衰えを見せません。

特に、クールな見た目のナイフは高く取引される傾向にあります。本記事執筆時点でマーケットを確認すると、かなり摩耗しているにもかかわらず最高で約25万円もの値が付けられたバタフライナイフが出品されており、奥深さを感じさせます。


Razer Kraken Green ゲーミングヘッドセット RZ04-02830200-R3M
¥6,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Logicool G ゲーミングヘッドセット G433BK
¥6,550
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 森林サバイバルホラーシミュレーション続編『Sons Of The Forest』が正式リリース!

    森林サバイバルホラーシミュレーション続編『Sons Of The Forest』が正式リリース!

  2. ロボット芝刈り機は『DOOM』の夢を見るか―海外機械メーカーが自社製品に『DOOM』を海外向け期間限定配信

    ロボット芝刈り機は『DOOM』の夢を見るか―海外機械メーカーが自社製品に『DOOM』を海外向け期間限定配信

  3. 日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!

    日本神話メトロイドヴァニア『Bō: Path of the Teal Lotus』配信日決定!

  4. カスタムした車で隔離ゾーンを調査するドライビングサバイバルADV『Pacific Drive』日本語対応で配信開始!

  5. RAGEで『スト6』初採用!SHAKA、蛇足ら出場の最強ストリーマー決定戦「RAGE STREET FIGHTER」開催決定

  6. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

  7. 時を超えるハクスラARPG『Last Epoch』2月22日リリース正式版パッチノート公開―新マスタリーや新スキルなどが登場

  8. PvPvPvE脱出ホラー『Level Zero: Extraction』ゲームプレイトレイラー公開! クローズドベータ開始日も決定

  9. 『シャニソン』が猫ミームをパロディ…にゃんにゃん冬優子の「ふゆミーム」、まさかの公式素材として配布へ

  10. 「ゲームは英語学習の助けになった?」海外ユーザーが様々なエピソードを投稿

アクセスランキングをもっと見る

page top