Epic Gamesが325億円支払いへ―不要な請求を受けた消費者への返金命令が最終決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic Gamesが325億円支払いへ―不要な請求を受けた消費者への返金命令が最終決定

アメリカの連邦取引委員会(FTC)は、Epic Gamesに対する2億4,500万ドル(約325億円)の消費者への返還命令を最終決定したと公表しました。

ニュース ゲーム業界
Epic Gamesが325億円支払いへ―不要な請求を受けた消費者への返金命令が最終決定
  • Epic Gamesが325億円支払いへ―不要な請求を受けた消費者への返金命令が最終決定
  • Epic Gamesが325億円支払いへ―不要な請求を受けた消費者への返金命令が最終決定

アメリカの連邦取引委員会(FTC)は、2022年12月に発表されていたEpic Gamesに対する2億4,500万ドル(約325億円)の消費者への返還命令を最終決定したと公表しました。


ダークパターンを用いた請求や子供の課金が問題に

FTCによると、Epic Gamesはダークパターンを用いてプレイヤーを騙して不要な購入を行わせていたほか、保護者の関与なしに子供に不正な課金を行わせていたとのこと。その例として『フォートナイト』では、直感に反した一貫性のないUIによって、1つのボタンを押してしまっただけで不要な購入が発生する状態になっていたと説明しています。また、『フォートナイト』をプレイ中の子供が保護者の同意なく課金できる状態であったことも問題視されています。

FTCを通じて2億4,500万ドルを消費者に返還

この決定により、Epic GamesはFTCを通じて2億4,500万ドルを消費者に返還することに。さらに、ダークパターンを使用、または肯定的な同意を得ることなく消費者に購入を行わせることや、不正請求に異議を唱える消費者のアカウントへのアクセスをブロックすることも禁じられます。

なお、Epic Gamesは児童オンラインプライバシー保護法違反の罰金として、2億7,500万ドル(約365億円)を支払うことにも同意しています。


《kamenoko》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『GTA V』幻のエピソードではトレバーがFBIに潜入!? 声優が明かした「ゲーム未使用のボイス収録」

    『GTA V』幻のエピソードではトレバーがFBIに潜入!? 声優が明かした「ゲーム未使用のボイス収録」

  2. 大幅値上げ直前、お得に買えるラストチャンス!人気ゾンビサバイバル『7 Days to Die』正式リリース前最後のセールが開催―値上げ後約5~6,000円近くが今ならたった595円

    大幅値上げ直前、お得に買えるラストチャンス!人気ゾンビサバイバル『7 Days to Die』正式リリース前最後のセールが開催―値上げ後約5~6,000円近くが今ならたった595円

  3. 懐かしタイトルが復活するかも?Atari、かつての親会社名「Infogrames」を新パブリッシングレーベルとして復活

    懐かしタイトルが復活するかも?Atari、かつての親会社名「Infogrames」を新パブリッシングレーベルとして復活

  4. 『パワプロ2024』二刀流・大谷選手が恐ろしいほど強い…!シリーズ最強クラスのパワー、話題の決め球“スイーパー”を搭載

  5. 「PS5 PRO」内部資料は本物だった?リーク動画がソニーの著作権申し立てで削除

  6. 『女神転生』シリーズで知られるゲームクリエイター金子一馬氏コロプラで新規オリジナルIP制作中―転職エージェントからの紹介で入社

  7. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  8. 再編続くEmbracer Groupが3社に分社化へ―CEOは「最低でも2041年までの経営」を強調

  9. 『メタファー:リファンタジオ』発売日が2024年10月11日に決定! アトラスの大型新作RPGが約半年後に降臨

  10. 最大85%OFF! ダンジョンRPGに国取りSLG、カンフーACTをGWに楽しもう【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

アクセスランキングをもっと見る

page top