ASUSがSteam Deck対抗の携帯ゲーミングPC「ROG Ally」発表。Zen 4+RDNA 3搭載でWindows 11採用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ASUSがSteam Deck対抗の携帯ゲーミングPC「ROG Ally」発表。Zen 4+RDNA 3搭載でWindows 11採用

ASUSが現地時間4月1日に発表した携帯ゲーミングPC「ROG Ally」は、当初は日付からエイプリルフールの冗談扱いされていましたが、本当に製品として発売する予定だと確認が取れました。

PC Windows
ASUSがSteam Deck対抗の携帯ゲーミングPC「ROG Ally」発表。Zen 4+RDNA 3搭載でWindows 11採用
  • ASUSがSteam Deck対抗の携帯ゲーミングPC「ROG Ally」発表。Zen 4+RDNA 3搭載でWindows 11採用
  • ASUSがSteam Deck対抗の携帯ゲーミングPC「ROG Ally」発表。Zen 4+RDNA 3搭載でWindows 11採用

ASUSが現地時間4月1日に発表した携帯ゲーミングPC「ROG Ally」は、当初は日付けからエイプリルフールの冗談扱いされていましたが、本当に製品として発売する予定だと確認が取れました。

大手家電量販店Best Buyへのリンクや、「High on Life」や「Moving Out」といった実在するゲームを使っているのはイタズラとしては凝っていると話題でしたが、ASUSのゲーミングブランドROG Globalが「本物だよ!」と宣言しており、「あなたの持ってるゲームが全て遊べる」と大きく出ています。

公式動画によれば、ROG AllyはWindows 11を搭載し、AMD Ryzen APUのカスタムチップを内蔵。据え置きの状態では外付けGPUと繋げられるともうたっています。

ASUSは複数のインフルエンサーらに試作機を貸し出し、それぞれの観点でレビューさせています。まずYouTuberのDave2Dの動画では、先行しているSteam Deck対抗ハードウェアだと打ち出している模様です。

それによれば、ROG Allyは重さ608g /寸法280mmx113mmx39mm。Steam Deckが669g /298mmx117mmx50.5mmであることから、小型・軽量・薄型化を実現しているようです。

また画面のスペックは、解像度が1920×1080、輝度500ニト、リフレッシュレート120Hzの7インチでアスペクト比が16:9。これに対してSteam Deckは1280×800、輝度400ニト、60Hzの7インチ16:10。が、小さい画面では解像度が高ければ高いほどいいわけでもなく、また最大リフレッシュレートで全てのゲームが遊べるとも限らないため、判断は保留したほうがよさそうです。


そして内蔵チップはAMDのZen 4アーキテクチャを採用し、GPUは強力なRDNA 3を搭載しているそうです。Steam DeckのAPUはZen 2とRDNA 2をベースにしていることから、本当であれば2世代ほど先を行く最先端の仕様となります。

またLinus Tech Tips氏によるハンズオン動画では、ROG Allyを様々なアングルで映しつつ、ソフトウェアの柔軟なカスタマイズ性も紹介。ほか上部に指紋センサーがあり、複数のアカウントの切り替えに使えると述べています。

しかし解像度もリフレッシュレートも高く強力なプロセッサを搭載するともなれば、やはり気になるのがバッテリー持ちの長さでしょう。Steam DeckはLinuxベースのSteamOSを採用し、ゲーム以外の電力消費を抑えているはずですが、それでも2~3時間も持てばいいほうです。ましてWindows 11であれば疑問符が付きますが、いずれの動画でもバッテリーに関する詳細は不明としています。

とはいえ、Steam Deckは基本的にはSteamライブラリの一部しか遊べないのに対して、ROG AllyがWindows 11搭載であればXboxゲームパスやEpic Gamesストアなどのゲームが幅広く、制限なく動かせるはず。またASUSはAyaneoやGPDのようなゲーミングUMPCブランドよりも大手であり、取扱店もはるかに多くなりそうです。

今のところ価格や発売日は不明ですが、Best Buyのアラートに登録しておいて続報を待つといいかもしれません(日本から購入できるかどうか分かりませんが)。

《Kiyoshi Tane》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

    『パルワールド』重大な不具合修正のアップデート配信―全パルの与えるダメージが半減していた問題など

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

    実写ドラマ「フォールアウト」ルーシーの愛銃を『Fallout 4』に追加するModが公開!エネルギーブラスターに改造も可能

  3. ゲームだけど撃つのはエアガン―サバゲーシム『Airsoft Online』Steamページ公開、BB弾のホップアップ弾道も再現のこだわりリアルさ

    ゲームだけど撃つのはエアガン―サバゲーシム『Airsoft Online』Steamページ公開、BB弾のホップアップ弾道も再現のこだわりリアルさ

  4. 大規模対戦WWIIシューター『Project 1942』Steamストアページが公開―陸海空で激戦を繰り広げる『BF1942』ライク

  5. MSIがAMD次世代CPU「Ryzen 9000」シリーズ対応のBIOS配信―着々と迫る新CPUの足音

  6. キャラメイクで“飼い猫”を再現するプレイヤーも?『FF14 黄金のレガシー』ベンチマークソフト公開で、新種族「ロスガル族女性」が猫っぽいと話題

  7. 鉄道網を広げて都市を発展させる街づくりシム『Sweet Transit』4月22日正式リリース!

  8. 『Fallout 4』ロンドンが舞台の大型Mod「Fallout London」配信延期。課題は大型パッチと膨大過ぎるファイルサイズ

  9. 13世代・14世代インテルハイエンドCPUで負荷によりVRAMエラー発生の不具合継続中―i7も対象か?

  10. 愛車で車中泊ひとり旅どこまでも…サバイバル要素もあるキャンピングカーシム『Vanlife Camping Simulator』発表

アクセスランキングをもっと見る

page top