シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず

2024年会計年度にリリースするタイトル一覧に記載がありません。

ニュース ゲーム業界
シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず
  • シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず
  • シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず
  • シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず
  • シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず
  • シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず
  • シリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』は少なくとも2024年4月までリリースなし?EAの最新報告書にタイトル記載されず

エレクトロニック・アーツが2023年5月9日に公開した第4四半期および2023年会計年度の財務報告書にて、BioWareが開発中のRPGシリーズ最新作『Dragon Age: Dreadwolf』のリリース日が2024年4月以降になると思われることが示唆されています。

2024年会計年度の配信タイトルに記載なし

報告書内(pdf版)では、2024年4月までに配信予定のタイトルとして『PGA Tour』『Star Wars Jedi: Survivor』『Lord of the Rings: Heroes of Middle Earth』『Super Mega Baseball 4』『F1』『Immortals of Aveum』『Madden 24』『EAS FC(EA SPORTS FC)』『NHL 24』が記載されています。

しかし、その中には『Dragon Age: Dreadwolf』が記載されておらず、また、今回の紹介タイトルが「アナウンス済のタイトルを記載したもの」であることから、次回会計年度内でのリリースを予定していないことが明らかになっています。

プロダクションディレクター退社など開発環境変化も

『Dragon Age: Dreadwolf』は2018年にティザー映像が公開され、2022年6月にタイトルが正式発表。2022年10月にはオープニングから最後までプレイ可能なアルファの開発目標に達したことを報告するなど、これまでBioWareから開発の進捗に関する情報が公開されてきました。

一方で、プロダクションディレクターを務めていたMac Walters氏が2023年1月にBioWareを退社するなど、本作を取り巻く環境が変化していることも明らかになっています。海外メディアVenturebeatによる(Eurogamer経由)と、当初は2023年末のリリースを予定していた『Dragon Age: Dreadwolf』ですが、現時点で正式なリリース日に関するアナウンスはありません。


【合本版】ドラゴンランス 全25巻
¥40,986
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
隣り合わせの灰と青春 (幻想迷宮ノベル)
¥600
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ELDEN RING』の商標権がフロム・ソフトウェアに譲渡されていたと海外で話題に―ゲームそのものの譲渡とは別との見解も

    『ELDEN RING』の商標権がフロム・ソフトウェアに譲渡されていたと海外で話題に―ゲームそのものの譲渡とは別との見解も

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

    「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

  4. Ryzen 9搭載のミニPCがAmazonで24%オフセール。64GBメモリ&1TB SSDで9万円切り

  5. 初代『Half-Life』リメイク作『Black Mesa』の開発元が謎の新プロジェクトを予告

  6. 『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

  7. Steamで非常に好評の『Raft』ゲーム機版発売決定!イカダを広げて海をゆく一味違うサバイバル

  8. 「残念ながらSCP-173の画像は近々削除されます」SCP財団公式が発表―SCP-173が登場するゲームへの影響は?

  9. 『グランド・セフト・オート』シリーズ最新作『GTA6』正式発表!流出受けてトレイラーを予定より早く公開―舞台は「バイスシティ」

  10. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

アクセスランキングをもっと見る

page top