『SEKIRO』実況設定ミスについて、TBS宇内アナがラジオでも謝罪、現在は著作権の申し立てを取り下げ済み | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『SEKIRO』実況設定ミスについて、TBS宇内アナがラジオでも謝罪、現在は著作権の申し立てを取り下げ済み

自身が出演する「アフター6ジャンクション」で直接謝罪の声を届けました。

ゲーム文化 カルチャー
『SEKIRO』実況設定ミスについて、TBS宇内アナがラジオでも謝罪、現在は著作権の申し立てを取り下げ済み
  • 『SEKIRO』実況設定ミスについて、TBS宇内アナがラジオでも謝罪、現在は著作権の申し立てを取り下げ済み
  • 『SEKIRO』実況設定ミスについて、TBS宇内アナがラジオでも謝罪、現在は著作権の申し立てを取り下げ済み


TBSアナウンサー・宇内梨沙さんの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(以下、SEKIRO)実況動画において、Content ID(自身が著作権を保有することを示す設定)を誤って有効に設定したことについて、チャンネルを運営するTBSテレビが謝罪と経緯を説明しています。

また、5月25日(木)には宇内梨沙さんが出演する番組「アフター6ジャンクション」のオープニングで自身の口から経緯を説明、改めて謝罪をしました。

この出来事は5月23日(火)の18時頃、該当の実況動画に対し制作スタッフの誤操作によりContent IDを「有効」にしてしまい、「SEKIRO生配信#13」にて配信していた映像と一致するシーンをアップロードしていたYouTube上の動画に著作権の申し立てが適用されてしまったというもの。同日24時にはこの設定を変更し、申し立ては現在取り下げられたとのこと。また、公式サイトでは著作権の申し立てを適用された動画配信者に対する問い合わせフォームも設置されています。



◆「ネット文化に触れて育ってきた人間として」の謝罪

アフター6ジャンクションで宇内アナは、「運用を直接している設定や熟知しているわけではなかった」と釈明しつつ、適用されてしまった動画配信者と、『SEKIRO』というタイトルをネガティブな話題で注目させてしまったことを開発元であるフロムソフトウェアに対しお詫びを述べました。

同番組のパーソナリティである宇多丸さんは、当事者ではないと前置きしつつも「このようなことを防ぐシステムが必要」と指摘しました。

そして、宇内アナは続けて「私個人の思いをお話させて貰いたくて」と、自身が矢面に立って謝罪する理由を説明。ネット寄りの文化に触れて育ってきた人間として、チャンネル運営スタッフが起こしたミスを「私がやったことじゃないから」と静観できない、迷惑かけた方に謝罪したいという思いがあると強調しました。

落ち着いたら『SEKIRO』もエンディングまでプレイしたいと話し、改めて再発防止に努めると話しています。


SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE|オンラインコード版
¥7,600
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
SEKIRO 外伝 死なず半兵衛 (電撃コミックスNEXT)
¥673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Okano》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

    「進撃の巨人」のシガンシナ区を『マイクラ』で再現!エレン家の内部まで緻密に構築

  2. 実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

    実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2にはニューベガスを牛耳るあのキャラクターも関与―制作スタッフが明らかに

  3. プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

    プレイヤーが独自の経済や流通を構築できるオープンワールドゲームってあるの?

  4. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  5. リアル世界を『マイクラ』で再現!?コーネル工科大学院生、Googleマップの3Dタイルを『マインクラフト』のボクセルに変換する技術を開発

  6. 『8番出口』に”両方の”『AC6』も!「RTA in Japan Summer 2024」取り扱いゲーム発表

  7. 『サイバーパンク2077』おしゃべり銃「スキッピー」の限定版レプリカが予約開始!

  8. 『ELDEN RING』DLC「SHADOW OF THE ERDTREE」ユーザー評価は?SteamレビューやMetacriticユーザースコアから見る

  9. 『VALORANT』新スキン「エヴォリ・ドリームウィングス」は同スキンが近くにいると使い魔がニッコニコに!変わる表情、プレイヤーと一緒にジャンプなどこれまでにない要素が盛りだくさん

  10. 第5回CRカップ『ストリートファイター6』の出場者&チーム分け発表!高木、ボンちゃん、葛葉など“マスター以上”の猛者ばかり

アクセスランキングをもっと見る

page top