任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで

2013年にニンテンドー3DS向けに発売されたアクションパズルゲームです。

ニュース ゲーム業界
任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで
  • 任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで
  • 任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで
  • 任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで
  • 任天堂が『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』海外名を商標出願―『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』と同タイミングで

任天堂が、先日の「Nintendo Direct」にて発表された『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』のロゴデザインにくわえ、2013年にニンテンドー3DS向けに発売された『マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』の海外名を商標出願したことが明らかになりました。

『MARIO AND DONKEY KONG MINIS ON THE MOVE』

出願されたのは『MARIO AND DONKEY KONG MINIS ON THE MOVE』の名称で、出願日が2023年6月20日、公開日が6月28日になっています。区分はコンピューターゲームやプログラムなどに関連する第9類のみです。

マリオ AND ドンキーコング ミニミニカーニバル』は『マリオvs.ドンキーコング』シリーズの流れをくむアクションパズル。自動的に進んでいくミニマリオたちをゴールに導くためにタイルを配置していく作品で、さまざまなルールやミニゲーム、ステージ作成などの機能を搭載していました。

なお、ニンテンドー3DSソフトウェアは2023年3月28日をもって「ニンテンドーeショップ」での取扱を終了しています。

『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』はロゴデザインが出願

また、同日に出願されている『スーパーマリオRPG』『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』は、ゲームのロゴデザインの形式で出願されています。こちらも出願の区分は第9類のみです。

『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』は、約11年ぶりとなるスーパーマリオブラザーズシリーズ完全新作。コースやマリオたちを大きく変化させる新アイテム「ワンダーフラワー」の力を使い、敵や仕掛けを突破しながらゴールを目指していく作品です。


スーパーマリオブラザーズ ワンダー|オンラインコード版
¥6,500
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

    「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

    『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

  4. Ryzen 9搭載のミニPCがAmazonで24%オフセール。64GBメモリ&1TB SSDで9万円切り

  5. 【PC版無料配布開始】『Wreckfest』開発元による破壊表現と珍競技が特徴のレースシリーズ初作『FlatOut』セール開催中のGOGにて

  6. 『ELDEN RING』の商標権がフロム・ソフトウェアに譲渡されていたと海外で話題に―ゲームそのものの譲渡とは別との見解も

  7. ナホビノの勇姿がまた見られる?韓国審査機関に『真・女神転生V』新バージョン一時登録の報で、ウワサ深まる…

  8. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  9. 古代アジアサバイバル『Myth of Empires』と恐竜サバイバル『ARK』、ソースコード盗用疑惑訴訟の和解が成立―『Myth of Empires』2024年の再リリースにはSnail Gamesも全面協力へ

  10. 【PC版無料配布開始】24日は『Fallout 3: Game of the Year Edition』!ホリデーセール中のEpic Gamesストアにて25日午前1時までの期間限定

アクセスランキングをもっと見る

page top