インド政府オンラインゲーム業界に28%の課税決定―リアルマネー絡む「ファンタジースポーツ」人気が背景に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インド政府オンラインゲーム業界に28%の課税決定―リアルマネー絡む「ファンタジースポーツ」人気が背景に

インド政府はオンラインゲーム業界に28%の課税を決定しました。その背景にはリアルマネーが絡む「ファンタジースポーツ」の人気があるようです。

ニュース ゲーム業界
インド政府オンラインゲーム業界に28%の課税決定―リアルマネー絡む「ファンタジースポーツ」人気が背景に
  • インド政府オンラインゲーム業界に28%の課税決定―リアルマネー絡む「ファンタジースポーツ」人気が背景に

インド政府はオンラインゲーム業界を対象に28%の課税を決定しました。

同国内で15億ドル(およそ2,100億円)もの市場規模を誇る業界に対するものとしては、異様ともいえる高さの税率ですが、この決定の背景には同国の特殊なゲーム事情が絡んでいるようです。

3割目前の税率!その背景は…

インドでは同国の国民的スポーツであるクリケットなどを題材に、リアルマネーを賭けて遊ぶ「ファンタジースポーツ」が人気となっています。

その人気の高まりに連れて依存症や経済的損失といった懸念も高まっていたことから、インド政府は今年に入り、賭博要素を含むオンラインゲーム業界の取り締まりを目的としてIT法を改正。同法の改正を受けて、ゲーム業界に対し自主規制機関の設立を課していました。

対するゲーム業界は、「あくまでスキルベースのゲームである」と主張しこの規制を回避する姿勢を取り続けていたことから、今月になりインド政府の財務大臣をトップとする物品・サービス税評議会(GST)がオンラインゲーム・カジノ・競馬に対して28%の税金を課すと発表。

ゲーム業界の主張に対し「スキルを競うゲーム」と「運を競うゲーム」を区別すべきでないと強調した上で、より一層強気の姿勢を見せる形となった訳です。

このインド政府の決定に対し、ゲーム業界からは相次いで反発の声が挙げられています。

業界団体の1つである全インドゲーミング連盟のローランド・ランダースCEOは、このGSTの決定に対し「違憲で、非合理で、とんでもないものだ」と強く批判した上で、「この決定はインドのゲーム業界全体を消滅させ、数十万の雇用喪失につながるだろう。そして何より、この決定を通じて利益を得るのは反国家的な違法オフショアプラットフォームだけだ。」とのコメントを発表するなど、波紋は大きく広がりつつあります。

なお、インド政府のニルマラ・シタラマン財務大臣は、GSTはインドIT省と連携してオンラインゲームカテゴリの策定を進めるとしており、今後このカテゴリに則って課税が行われる模様です。


最近では大手PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」がブロックされるなどのやや過激とも思えるような動きが見られるインドですが、今回の決定がどのような結果となるかは少し見極めたいところではないでしょうか?


《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  2. Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

    Valve新作TPSの噂が加速。6vs6ヒーローシューター『Deadlock』とされるスクリーンショット&プレイ動画が海外コミュニティで話題に

  3. 2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

    2024年の『CoD』は4年ぶりの『Call of Duty: Black Ops 6』に決定!6月10日に詳細発表予定

  4. 「非常に好評」ターン制ストラテジー続編『Warhammer 40,000: Mechanicus II』発表!

  5. 『CoD』のActivisionなどがテキサス州ユバルデ銃乱射事件の犯人を“教育”したとして被害者家族から提訴される

  6. 『バルダーズ・ゲート3』開発元のLarian Studios、ワルシャワに新スタジオを開設。新たな2つのRPGの開発に挑む

  7. 『The Last of Us』『アンチャーテッド』のニール・ドラックマン氏、次回作について「最もスリリングなプロジェクト」「ゲームの主流を再定義する可能性がある」米ソニーのインタビューに語る

  8. 『The Elder Scrolls VI』開発に『スカイリム』有名Modderの参加明らかに―DL数400万越えの「Frostfall」など手掛ける

  9. 『真・女神転生 III Nocturne HD Remaster』Steam版が最安値の996円!魔界と化した東京を生き残れ

  10. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

アクセスランキングをもっと見る

page top