ゲームの挙動を実写再現して話題になったYouTuberが『POSTAL』開発元に就職 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームの挙動を実写再現して話題になったYouTuberが『POSTAL』開発元に就職

投稿動画をきっかけに『POSTAL 4』の3Dスタッフに採用。

ゲーム文化 カルチャー
ゲームの挙動を実写再現して話題になったYouTuberが『POSTAL』開発元に就職
  • ゲームの挙動を実写再現して話題になったYouTuberが『POSTAL』開発元に就職
  • ゲームの挙動を実写再現して話題になったYouTuberが『POSTAL』開発元に就職
  • ゲームの挙動を実写再現して話題になったYouTuberが『POSTAL』開発元に就職

NPCの挙動や物理エンジンによるラグドール表現、一人称視点でのリロードアクションなどを実写再現して話題になったYouTuberのKommander KarlことKarl Schecht氏は、『POSTAL』シリーズの開発で知られるデベロッパーRunning With Scissorsに就職したことを8月25日に投稿した動画の中で明らかにしました。

本職は3Dアーティスト

きっかけは1ヶ月ほど前に投稿した『POSTAL 2』の実写再現動画で、Running With Scissorsの公式Twitter(X)アカウントに紹介された後、ダイレクトメッセージでゲームディレクターのMike Riedel氏とのやりとりを経て採用が決定したとのこと。Karl Schecht氏は元々3Dアーティストで、近年には『The Callisto Protocol』の開発にも参加していました。今後はRunning With Scissorsで『POSTAL 4:No Regerts』のアセット制作に取り組むそうです。

Karl Schecht氏に採用を伝えるMike Riedel氏

今後の活躍に期待

Karl Schecht氏は今年に入ってから母を亡くしネガティブな考えや感情を抱いていたそうですが、彼のコンテンツを愛するファンの応援や新たな仕事に繋がったことでそうした感情は消え去ったと感謝の言葉を述べています。そして自身が制作する『POSTAL 4』のアセットを皆に披露するのが待ち遠しいと締めくくりました。

《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  3. こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

    こんなのあったって知ってた?レトロハードZX Spectrumの海外版『熱血硬派くにおくん』の動画を見ながらPCとゲームの進化に思いを馳せる

  4. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  5. 【週刊トレハン】「歯ブラシでDOOMが動く」2024年2月25日~3月2日の秘宝はこれだ!

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  8. 天才赤ちゃんゲーム開発者爆誕!?インディー開発者が投稿した1枚の写真が思わぬ大喜利に発展

  9. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  10. 堀井雄二氏が『ドラクエ3リメイク』をテストプレイしていることを明かす…2年半続報なくも開発は進んでいる模様

アクセスランキングをもっと見る

page top