『Cities: Skylines II』含むパラドックス新作が日本円で最大30%増の価格調整実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Cities: Skylines II』含むパラドックス新作が日本円で最大30%増の価格調整実施

パラドックスは公式フォーラムにて『Cities: Skylines II』含む新作2作品を対象に、日本円で最大30%増の価格調整の実施することを告知しました

ニュース 発表
『Cities: Skylines II』含むパラドックス新作が日本円で最大30%増の価格調整実施
  • 『Cities: Skylines II』含むパラドックス新作が日本円で最大30%増の価格調整実施
  • 『Cities: Skylines II』含むパラドックス新作が日本円で最大30%増の価格調整実施

パラドックス・インタラクティブは『Cities Skylines II』および『Lamplighters League』の2作品を対象に、通貨ごとに異なる値上げ幅による価格調整の実施を公式フォーラムにて告知しました

日本円では最大30%、値上げ幅の最も大きいものでアルゼンチン・ペソの最大170%となっているほか、その他複数の通貨を対象に値上げされる方向で調整される見込みです。

リリースと同時に調整実施!プリオーダー価格には変更なし

パラドックス・インタラクティブによれば、今回の価格調整は市場と産業に基づく購買力を尺度とし、国ごとの価格において公平なバランスを保つためとしています。

日本円およびブラジルレアルで最大30%、ルーブルで最大40%、トルコリラで最大60%の値上げとなっているほか、その他複数の通貨を対象に調整される見込みとなっています。

また、米ドルとスターリング・ポンド、ユーロに関しては今回調整は行われず価格は据え置きとのことです。

なお、価格調整は両作品ともに発売と同時に実施され、プリオーダー価格に変更はないことから購入予定の方は今のうちに購入したほうがお得と言えます。


類似のものとしては2020年にはSteamが公平性の維持を目的に地域価格の切り替えへの制限を強化するなど、少しでも安く購入したいユーザーと公平性を維持したい販売側との駆け引きが続いているのが現状。

『Lamplighters League』の発売は10月3日、『Cities: Skylines II』の発売は10月25日と着実に近づく中、ゲーマーは難しい判断を迫られています。



《K.K.》

SFとオープンワールドとミリタリー系が主食です K.K.

1990年3月の京都府生まれ。ゲーム好きのパソコン好き。ついでに言えば動物も好き。心理学部卒ゆえに人の心がわかると豪語するも、他人の心にはわりと鈍感で、乙女心となるとからっきし。むしろ動物の気持ちのほうがよくわかるが、本人は「尻尾と耳がないからだ」と弁解中。 2022年から「ゲームスパーク」で執筆中。パソコン代の足しにと始めるも、賃金はほとんど課金ガチャに消えている模様。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』が遊び放題に!『Crusader Kings III』や『ファークライ4』も配信のPS Plusゲームカタログ最新情報

    『モンハンライズ』が遊び放題に!『Crusader Kings III』や『ファークライ4』も配信のPS Plusゲームカタログ最新情報

  2. AMDのCEOリサ・スー氏はPS3の「Cell」プロセッサ開発に携わっていた―IBM時代の“野心的な”製品を振り返る

    AMDのCEOリサ・スー氏はPS3の「Cell」プロセッサ開発に携わっていた―IBM時代の“野心的な”製品を振り返る

  3. 「Key」25周年記念で25%オフのセールがニンテンドーeショップで開催中!『Kanon』からキネティックノベルまで人気タイトルがズラリ

    「Key」25周年記念で25%オフのセールがニンテンドーeショップで開催中!『Kanon』からキネティックノベルまで人気タイトルがズラリ

  4. ObsidianのCEOがTango Gameworksなどの閉鎖で動揺する人々へコメント―「明日の事は心配していない」

  5. THQ Nordic「gamescom 2024」への参加発表―イベントでは『Disney Epic Mickey: Rebrushed』や“未発表タイトル2作”もプレイアブル展示!

  6. “『CoD』をPSユーザーから引き離したいわけではない”フィル・スペンサー氏が発言―Tango Gameworksスタジオ閉鎖についてもコメント

  7. Steam運営のValveが英国で集団訴訟に…「独占的な地位を乱用し1,400万人のゲーマーに過大請求をした」として

  8. Keyの新作『アネモイ(anemoi)』発売は2025年!公式サイトが公開ー主人公をダメにする万能妹などキャラクター情報も

  9. 第二次世界大戦舞台の4人Co-opゾンビFPS『Projekt Z: Beyond Order』最新ゲームプレイトレイラー

  10. 『SIREN』クリエイターが手がける新作ホラー『野狗子: Slitterhead』6月8日のSummer Game Festで世界初のゲームプレイ映像配信

アクセスランキングをもっと見る

page top