Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言

Atari以外の未発表IPに関してもこのまま取り組んでいくようです。

ニュース ゲーム業界
Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言
  • Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言
  • Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言
  • Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言
  • Atariが初代『ウィザードリィ』リメイクなどで知られるDigital Eclipseの買収発表―Atariタイトル以外の開発継続も明言

Atariは、『Wizardry: Proving Grounds of the Mad Overlord』『ストリートファイター30th アニバーサリーコレクション』などの開発で知られるDigital Eclipseを買収する契約を締結したことをプレスリリースにて発表しました。

『Atari 50: The Anniversary Celebration』なども開発

Digital Eclipseは1992年に設立。ビデオゲームの古典的名作を現代に再リリースするということで知られ、これまで『SNK 40th ANNIVERSARY COLLECTION』『Teenage Mutant Ninja Turtles: The Cowabunga Collection』など多くの作品の開発に携わってきました。2022年にはAtari設立50周年を記念する『Atari 50: The Anniversary Celebration』を手がけています。

Atariのプレスリリース内では、Digital Eclipseのこれまで行ってきた開発実績を高く評価しており、同社の持つ卓越した技術や経験がAtariで活用できるようになるとコメント。Digital Eclipseの技術や保有IPなどに関して、Atariの管理の専門能力などを利用できるようになるとしています。

なお、Atariは2023年3月に『システムショック』リメイクなどで知られるNightdive Studiosも買収しています。


Atari以外のタイトルも開発継続を明言

Digital Eclipseは自身の公式サイトにて、買収後のスタジオに関するQ&Aを公開しています。今回の買収については『Atari 50: The Anniversary Celebration』を開発したスタジオから「Atariの今後50年間の創造をサポートするスタジオ」になるとしています。

Q&A内では、現在早期アクセス中の『Wizardry: Proving Grounds of the Mad Overlord』などの開発タイトルについて、今後も開発やアップデートの提供を続けていくことを明言しています。また、Atariとは関係ない未発表IPタイトルや『Candy Creeps』など自社開発のレトロ風オリジナルゲームなども引き続き開発を続けていくということです。

さらに、歴史上にその名を刻んだ傑作ゲームやそのクリエイターの歴史を紹介する「ゴールド・マスター・シリーズ」について、Atariも強い興味を示しており2023年8月30日にリリースされた第1弾『メイキング・オブ・カラテカ』以降もシリーズを続けていく予定であることを明らかにしています。


Logicool G ゲーミングヘッドセット G335BK 国内正規品
¥7,100
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

    高評価レビュー投稿者にSteamキー配布か?インディーパブリッシャーBD GamesがSteamからBAN…『バイオプロトタイプ』や『アーティファクト・シーカー』がプレイ不可に

  2. Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

    Paradox自身ゲームの出来に満足していたはずなのに―開発中止の生活シム『Life by You』元開発者、法的措置覚悟の必死の告発

  3. 『真・女神転生V Vengeance』発売3日で販売50万本突破!無印と合わせて160万本以上を売り上げる

    『真・女神転生V Vengeance』発売3日で販売50万本突破!無印と合わせて160万本以上を売り上げる

  4. リメイク版『デモンズソウル』開発元のBluepoint Gamesは今もオリジナル作品を開発中―レイオフ続きもリメイク・リマスターの名手が送る新作は継続

  5. ポルトガル商人が封建時代日本で富を求めるゲームボーイ風ADV『Rota: Kurofune』リリース!

  6. 『逆転裁判』シリーズもお買い得!カプコンの人気タイトルがセール対象になった「CAPCOM JUNE SALE」が開催

  7. 初代『バイオハザード』オリジナル版がPCに再び?海外レーティングページに掲載

  8. 2024年8月、ドイツの「gamescom 2024」ジャパンブースへ『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を含む3タイトルが出展決定―経産省の国産インディーゲーム海外展開支援施策

  9. ついにベールを脱いだ『メトロイドプライム4』!サムスの戦いを振り返る2作品の30%オフセールが実施中

  10. 女性やマイノリティが受ける差別や脅迫…ゲーム中の有害ボイスチャットは未だ嫌がらせを生む―大手タイトルなどではVC報告機能が搭載される

アクセスランキングをもっと見る

page top