開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難

来年リリース予定の『Solium Infernum』やリリース済みの『Armello』への影響はなし。

ニュース ゲーム業界
開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難
  • 開発無期限停止…ローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey』資金難により運営コスト維持が困難

デベロッパーLeague of Geeksは、今年8月よりSteam早期アクセスを実施していたローグライト宇宙船コロニーシム『Jumplight Odyssey ~ジャンプライトの冒険~』の開発を無期限に停止すると発表しました。

運営コストの維持ができない状態に

1970年代のスペースオペラアニメに影響を受けた本作は、宇宙船を修理・改造し、資源やクルーを管理しながら銀河系のはるか彼方にある神秘の新天地を目指すという作品。日本語にも対応しており2024年第3四半期の正式リリースを予定していたものの運営コストの急激な増加や豪ドル/米ドルの為替レートの悪化、早期アクセスの売上不振、業界全体で前例のない資金調達チャンスの減少などにより運営コストの維持ができない状況に陥ってしまったとのことです。

最終パッチの配信を予定

現在League of Geeksは最終パッチ(v0.3.1)の開発に取り組んでおり、可能な限り完成に近い体験を届けることを目標に、v1.0で保留していた機能をいくつか取り入れることも計画しているそうです。本作の販売は継続されるとのことで、League of Geeksは今後もし状況が整えば「絶対にプロジェクトを再開する」と諦めない姿勢を見せています。さらなる詳細は開発アップデートFAQに掲載されています。

『Jumplight Odyssey ~ジャンプライトの冒険~』は3,400円でSteam配信中。なお、本作の開発停止はLeague of Geeksの他のプロジェクトである『Solium Infernum』(現地時間2024年2月14日リリース予定)や『Armello』(リリース済み)には影響しないと伝えています。

『Solium Infernum』
『Armello』


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

    ベセスダ親会社の日本法人、ゼニマックス・アジア6月もって閉鎖か―人事部長の書き込みから浮上

  2. 『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

    『マインクラフト』生みの親Notch氏新作ローグライクダンジョン探索ゲーム『Levers and Chests』ボクセルアートが目を惹く新たなスクリーンショット公開

  3. 『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

    『Kerbal Space Program 2』開発元の行く末にやはり暗雲が…親会社CEOは閉鎖否定も社員のレイオフが開始へ

  4. Steam“おま国”解禁の「ドラゴンボール」ゲーの同時接続プレイヤー数はその後……

  5. シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops 6』最新実写トレイラー「The Truth Lies」公開!リリース初日にXbox Game Pass追加も決定

  6. もし“終わった”シリーズ作品を復活させられるなら……思い浮かべたものは?

  7. 『SILENT HILL 2』続報来るか!?ゲームや映画の最新情報を伝える番組「SILENT HILL Transmission」5月31日放送決定

  8. 90年代ポイント&クリックADV『Blade Runner』のリマスター版が開発中! PCとコンソールで年内発売予定

  9. 「ゲームの主流を再定義する」なんて言ってない―『ラスアス』ニール・ドラックマン氏が海外ソニーインタビューの内容を否定

  10. 2022年metacritic「ワースト」明らかにー一番下はあのシリーズの4作目

アクセスランキングをもっと見る

page top