今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?

「The Game Awards 2023」でGOTYを受賞するのは、どの作品なのか。ノミネートされた6本を振り返り、予想してはいかがですか?

ゲーム文化 イベント
今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?
  • 今年も「GOTY」の発表迫る! TGA開幕前にノミネート作を振り返り─あなたの予想は『ゼルダの伝説』? 『バルダーズ・ゲート3』?

その年に活躍したゲームの中から、最も優れたタイトルに贈られる「Game of the Year」(以下、GOTY)。この賞そのものは、様々なメディアや団体がそれぞれ発表していますが、世界中から大きな注目を集めるのが、「The Game Awards」のGOTYです。

近年の受賞作を振り返ると、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(2017年)や『 ゴッド・オブ・ウォー』(2018年)、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(2019年)、『The Last of Us Part II』(2020年)、『It Takes Two』(2021年)が栄冠に輝きました。また2022年は『ELDEN RING』が受賞と、こちらも納得の選考です。



2023年のGOTYは、12月8日(日本時間)に行われる「The Game Awards 2023」にて発表されます。果たしてどのタイトルが、2023年のゲーム市場を代表するのか。その発表に先駆け、ノミネートされている6作品を紹介します。どんなゲームたちが競い合うのか、予習を兼ねてご覧ください。

■『Alan Wake 2』

今回ノミネートされた6作品の中で、日本の平均的なプレイヤーの間で最も知られていないのは、おそらくこの『Alan Wake 2』でしょう。

待望されたサバイバルホラーシリーズの最新作となる『Alan Wake 2』は、今回の「The Game Awards 2023」では8部門にわたって名を連ねています。これだけ幅広く選出されている点だけ見ても、世界的に高い評価を博していることが窺えます。

アラン・ウェイクとサーガ・アンダーソンの2人を操作し、悪夢のような世界に悩まされながら、わずかな光を頼りに生き延び、超自然的な謎に挑む『Alan Wake 2』。GOTYという光も掴むことができるのか、必見です。

■『バルダーズ・ゲート3』

こちらも国内向け(日本語版)がまだ販売されていないため、日本での注目度はまだ低めですが、いち早く発売された海外では高評価を連発。すでに数多くの賞を手にしており、「The Game Awards」のGOTYでも最有力候補に位置づけている人が少なくありません。

世界のあらゆる場所で待ち受けている冒険の数々、豊富な選択肢による展開の分岐、ダンジョンやらバトルまで複数の攻略法から自分らしいプレイを見つける楽しさ、そいのいずれが濃密な深さを持っており、「洋ゲー」という一点だけで尻込みしてしまうのはもったいないほど。

キャラクターデザインも濃い目ですが、その入り口さえ乗り超えてしまえば、各人の個性の濃さに惹かれ、冒険の旅を通して良きパートナーと感じることでしょう。RPG好きならば、プレイを一考する価値が十分ある名作です。


SIEやカプコンの名作もノミネート



《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

    大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  3. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  4. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  5. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  6. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

  7. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  8. 『アーマードコア』シリーズより「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」が豪華フルパッケージ仕様に!ゲーム内同様に機体のアセンブルを変更可能

  9. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  10. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

アクセスランキングをもっと見る

page top