「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ

著作権が切れたおよそ12時間後には、ホラゲーの発表が。

ニュース ゲーム業界
「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ
  • 「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ
  • 「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ
  • 「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ
  • 「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ
  • 「強くて明るい元気者」の“隠された一面”描きたがるゲーム作者続出、パブリックドメインとなった「初代ミッキー」題材のホラーや2Dアクションが次々発表へ

ディズニーの誇る世界的マスコット「ミッキーマウス」。そんなミッキーマウスですが、その最初期のもの「蒸気船ウィリー」などに登場するバージョンについては2024年1月1日に著作権切れとなりました。その話題性を狙ってか、同キャラクターをモチーフとしたゲームタイトルが次々と発表されつつあるようです。そのジャンルはホラーやアクション、2Dプラットフォームなど多岐にわたります。

クラシックミッキー、パブリックドメインに―くまのプーさんに引き続き

2024年の1月1日をもって、「蒸気船ウィリー」に登場するミッキーマウスの著作権が切れ、パブリックドメインとなりました。それに呼応するように「初代ミッキー」を題材としたホラー映画なども発表され、新年早々SNSなどで話題に。

このような動きは以前に「くまのプーさん」がパブリックドメインとなった時にも見られ、中にはプーさんがウィルスによってどんどんと恐ろしいクリーチャーになっていくホラーテイストのローグライク『Winnie's Hole』といったタイトルも発表されました。



ちなみに、今回パブリックドメインとなったのは、あくまでも「蒸気船ウィリー」に登場する初代ミッキー、通称「クラシックミッキー」のみ。現在のミッキーとは少々デザインが異なっており、「目が小さく、瞳が描かれていない」「大きな手袋を付けていない」といったような違いが挙げられます。

わずか12時間でミッキーのホラゲーが発表―その他アクションなども

海外メディアGamesRadarによれば、初代ミッキーがパブリックドメインとなってから、最初にミッキーのゲームが発表されたのは著作権切れからわずか12時間後とのこと。

最初に発表されたのは『Infestation: Origins』で、本作は最大4人でのマルチプレイにも対応した「侵入者」を捜索して排除する協力型のホラーゲームです。日本語対応も予定されており、公開されたスクリーンショットではおぞましい顔のクラシックミッキーも。

『Infestation: Origins』

さらには、"100年近く投獄されていた"ネズミがナイフを持って大暴れするアクションの『Moussacre』や、2Dプラットフォームの『The Public Domain』といったタイトルが続々と発表されているほか、様々なキャラクターが登場するアリーナシューターの『Inverse Ninjas VS. The Public Domain』では1月1日のアップデートにてミッキーが追加されました。

『Moussacre』
『The Public Domain』
『Inverse Ninjas VS. The Public Domain』

一方で、前述のようにパブリックドメインとなったのは「初代ミッキー」のみで、それ以降のミッキーの著作権や、「ミッキーマウス」商標は依然としてディズニーが保有していることには注意が必要です。




PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)
¥49,478
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kurokami》

チャーシュー麺しか勝たん kurokami

1999年生まれ。小さい頃からゲームに触れ、初めてガチ泣きした作品はN64の『ピカチュウげんきでちゅう』です。紅蓮の頃から『FF14』にどハマりしており、Game*Spark上ではのFF14関連の記事を主に執筆しています。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオ RE:4』などが最大88%オフの「カプコンGWセール」PS/Xbox/スイッチ/PC向けに開催中

    『バイオ RE:4』などが最大88%オフの「カプコンGWセール」PS/Xbox/スイッチ/PC向けに開催中

  2. 『グランブルーファンタジー リリンク』全世界累計100万本セールス達成などでサイバーエージェント好調。3月中間決算営業利益は前年同期比56.0%増の273億円

    『グランブルーファンタジー リリンク』全世界累計100万本セールス達成などでサイバーエージェント好調。3月中間決算営業利益は前年同期比56.0%増の273億円

  3. 任天堂への殺害予告で逮捕された男を京都地検が起訴―「スプラトゥーン甲子園2023 全国決勝大会」などイベント2件が中止

    任天堂への殺害予告で逮捕された男を京都地検が起訴―「スプラトゥーン甲子園2023 全国決勝大会」などイベント2件が中止

  4. 大幅値上げ直前、お得に買えるラストチャンス!人気ゾンビサバイバル『7 Days to Die』正式リリース前最後のセールが開催―値上げ後約5~6,000円近くが今ならたった595円

  5. ValveがSteam返金ポリシーを更新―先行アクセスでのプレイも返金期間にカウント

  6. 『GTA V』幻のエピソードではトレバーがFBIに潜入!? 声優が明かした「ゲーム未使用のボイス収録」

  7. 『女神転生』シリーズで知られるゲームクリエイター金子一馬氏コロプラで新規オリジナルIP制作中―転職エージェントからの紹介で入社

  8. 究極の中世アクションRPG続編『キングダムカム・デリバランスII』発表! PC/コンソール向けに2024年発売予定

  9. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  10. 「PS5 PRO」内部資料は本物だった?リーク動画がソニーの著作権申し立てで削除

アクセスランキングをもっと見る

page top