「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆

『MOTHER3』はシリーズで唯一海外向けに展開されていません。

ゲーム文化 カルチャー
「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆
  • 「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆
  • 「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆
  • 「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆
  • 「最後の希望を失う」…シリーズで唯一海外展開されていない『MOTHER3』、ニンテンドースイッチ向け配信は日本のみで海外ファン落胆

任天堂は、2月21日(水)に配信した「Nintendo Direct 2024.2.21」にて、名作RPG『MOTHER3』「ゲームボーイアドバンス Nintendo Switch Online」にて同日より配信することを発表しました。

しかし、これは日本国内向けのみの配信(アナウンス)であり、海外ファンは掲示板やSNSで落胆の声を漏らしています。

◆日本ではニンテンドースイッチで全作プレイ可能に

『MOTHER』シリーズは、1989年にファミリーコンピュータで発売された『MOTHER』を皮切りに、『MOTHER2 ギーグの逆襲』(スーパーファミコン向け・1994年)、『MOTHER3』(ゲームボーイアドバンス向け・2006年)と全3作品がリリースされています。

本シリーズはコピーライターとして知られる糸井重里氏がゲームデザイン、シナリオやゲーム内テキストなどを手掛けており、独特のユーモアを持った文章が特徴のひとつであるほか、BGMとサウンドを巧みに用いたデザインも心に残る作品です。

今回のNintendo Directでの発表により、『MOTHER』シリーズの3作品全てがニンテンドースイッチでプレイできるようになりました。

リリースから20年以上経過してもなお移植されていることからもわかる通り、国内での評価はさることながら海外でもカルト的ともいえる高い人気を誇り、『UNDERTALE』を手掛けるトビー・フォックス氏も影響を受けたと話すなど、多くの人々にインパクトを与えたシリーズです。

◆海外ファンは「最後の希望を失う」

『MOTHER』シリーズの海外向け展開は、オリジナル(スーパーファミコン)版『MOTHER2 ギーグの逆襲』が北米向けに『EarthBound』と題して日本リリースから約1年遅れた1995年にリリース。その後2015年、初作である『MOTHER』が『EarthBound Beginnings』のタイトルでWii Uバーチャルコンソール向けに配信されました。

『EarthBound』と『EarthBound Beginnings』はそれぞれ海外向けにニンテンドースイッチへ(Nintendo Switch Onlineにて)日本と同じタイミング(2022年2月)で配信されています。

これらの経緯を経てもなお、海外向けにローカライズ(翻訳)されていないシリーズは『MOTHER3』だけであり、海外ファンは今回『MOTHER3』の日本向け「ゲームボーイアドバンス Nintendo Switch Online」入りのタイミングでローカライズが発表されなかったことに落胆しているのです。

海外掲示板(Reddit)では「期待はしていなかったが、やっぱり残念」、「全ての希望を失ったと思っていた男が、まだ持っていたことすら気づかなかった最後の希望を失う」など多くの落胆の声が挙がっています。海外メディア(TheGamer)も、日本以外での地域へ配信されない可能性が高いとし、“あまり期待しないほうがよい”との見解を示しています。

なお、任天堂アメリカ(Nintendo of America)の元社長である(レジーの愛称で親しまれる)レジナルド・フィサメィ氏は2022年の海外メディア(Bloomberg)インタビューにて、『MOTHER3』がゲームボーイアドバンス向けに発売された2006年当時は、既にニンテンドーDSがリリースされた後であり、ハードの転換期(移行期)であったことから、ビジネス的な側面からローカライズ発売に至らなかったと話しています。




MOTHERのことば。
¥8,888
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Okano》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 肉体美がスゴい「キャミィ」1/4スケールスタチューが登場!「春麗」に続き圧巻のトレーニング姿を9万円越えで立体化

    肉体美がスゴい「キャミィ」1/4スケールスタチューが登場!「春麗」に続き圧巻のトレーニング姿を9万円越えで立体化

  2. 『Pokémon GO』アバター外観がよりリアルになるも…海外コミュニティでは反発の声も

    『Pokémon GO』アバター外観がよりリアルになるも…海外コミュニティでは反発の声も

  3. ドラマ「フォールアウト」で熱視線の“作中時系列”問題に新たな説が浮上。登場人物が「わざと嘘をついていたのかも」と初作開発者が語る

    ドラマ「フォールアウト」で熱視線の“作中時系列”問題に新たな説が浮上。登場人物が「わざと嘘をついていたのかも」と初作開発者が語る

  4. ドラマ「フォールアウト」はゲーム版と矛盾?物議醸した出来事をトッド・ハワード氏が説明

  5. 迷宮探索を繰り返して強くなれ!3DダンジョンオートバトラーRPG『Dragon Ruins』Steamストアページが公開

  6. ソウルライクとサンドボックスサバイバルを融合した『Kingdom of Fallen: The Last Stand』Steamで5月配信!

  7. シーズン1公開から約1週間で早くも!実写ドラマ「フォールアウト」シーズン2制作が公式発表

  8. 火災被害のゲームセンター「レトロゲーム秘密基地」再建に向けクラウドファンディング4月20日19時スタート

  9. 実写ドラマが話題の『Fallout』超クオリティの約8.5万円可動フィギュア「T-45 ホットロッドシャーク・パワーアーマー」の国内予約開始!1/6スケールでアサルトライフルなども付属

  10. バグった世界を旅する『マリオカート64』風ホラー探索ゲーム『Kitty Kart 64』Steamストアページ公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top