日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ

富士五湖のひとつ・西湖のエリアを舞台にした作品ということです。

PC Windows
日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ
  • 日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ
  • 日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ
  • 日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ
  • 日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ
  • 日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ
  • 日本が舞台のホラーADV『YOKO』Steamにて配信開始―生と死の間で起こる恐怖に立ち向かいながら謎を解き明かせ

Kyioshi Softwaresは、新作ホラーアドベンチャー『YOKO(YOKO - Between Life and Death)』をPC(Steam)向けに配信開始しました。

日本を舞台にしたサバイバルホラー

本作は、富士五湖のひとつ西湖付近を舞台にしたホラーアドベンチャー。プレイヤーは主人公のYOKOを操作して、生と死の狭間で起こるさまざまな超自然的な現象に立ち向かいながらエリアを探索していきます。非常に複雑なストーリーや美麗なグラフィック、サスペンスとミステリーの臨場感を与えるサウンドなどを特徴としています。

「古典的1人称サバイバルホラーの原点に立ち返る」という本作では、さまざまなエリアで探索要素が用意されています。失踪した住民の残したメモを集め、生者と死者の世界を繋ぐ謎を解き明かし、土地に隠された秘密の果てにある選択では、YOKOだけでなく救いを求めている魂たちの運命をも左右するようです。

不気味な家の中を探索するトレイラーも

Steamストアページで公開されているトレイラーでは、さまざまな写真が飾られている、薄暗い家の中を探索しているシーンが確認できます。映像内では暗闇の中にいる不気味な存在や、足元に落ちているメモを拾う様子もあり、本作の雰囲気の一端を感じることが可能です。

『YOKO』はPC(Steam)向けに配信中。価格は1,300円です。



PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)
¥29,981
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  5. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  6. モンスター収集RPGホラー『Monstronomy』Steamでリリース―ダークウェブで発見された“ポケモン”風ゲームに隠された恐怖とは

  7. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  8. 発売から4年“非常に好評”『No one lives under the lighthouse Director's cut』日本語に対応!一人称視点灯台ホラーADV

  9. 基本プレイ無料の王道SRPG『鈴蘭の剣:この平和な世界のために』正式リリースが2024年夏に決定。ファイナルCBTも実施予定

  10. Steam版『バニーガーデン』突如リリース!お紳士の憩いの場がPCでも開店

アクセスランキングをもっと見る

page top