「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催

ゲーム業界を目指す新卒者を対象としたゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト ~冒険者から専門職へ~』を立ち上げ、6月30日(日)に東京・秋葉原UDXで初回のイベントを開催いたします。

Game*Spark お知らせ
PR
「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催
  • 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催
  • 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催
  • 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催
  • 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催
  • 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催
  • 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催

なんとなんと、ハードコアゲーマーにもお馴染みの4Gamer.netさんとGame*Spark(とイードが運営するゲームメディア)がタッグを組み、ゲーム業界を目指す新卒者を対象としたゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト ~冒険者から専門職へ~』を立ち上げ、6月30日(日)に東京・秋葉原UDXで初回のイベントを開催することになりました!

実は10代のおませな読者も少なくないという説もあるGame*Sparkですが、たまには人の役に立つようなイベントを開催したいと思います。……というか、4Gamerとイベントをやるなんてことが起きるんだ!というビックリな展開ですが、ぜひこっそりGame*Sparkを読んでいる学生のみなさんはエントリーして会場にいらしてください。

キャリアクエスト公式サイト
(詳細・参加登録はこちらから!)

キャリアクエストとは?

「4Gamer.net」を運営するAetasと、「Game*Spark」「インサイド」等のゲームメディアを運営するイードがタッグを組んで実現した本イベントは、ゲーム業界に優秀な人材を集め、業界の更なる発展を望んで企画されたものです。6月30日に開催される初回のイベントは、2026年3月/9月、および2027年3月に大学・大学院・専門学校を卒業するゲーム業界志望者を対象としており、既に多くの有名ゲーム企業が出展を予定しています。

会場では出展する各社が自社の魅力を伝える説明会を実施するほか、開発職を目指す方を対象に、直接ゲーム企業の担当者と一対一でアドバイスをもらえる個別相談会も実施されます。

さらに会場限定で、4Gamer.netでもお馴染みのあのお二人を司会に迎え、出展企業がPRタイムをかけてガチンコで争うゲーム大会も開催予定。堅苦しい就活イベントではなく、ゲームメディアが企画するからこその特別企画もぜひお楽しみください。

また、イベントの盛り上げとして、両社が運営するゲームメディアを通じ、業界を目指す学生はもちろん、多くのゲームファンが楽しめる、各企業で活躍する現役社員にフォーカスしたインタビューも連載形式でお届けする予定です。両編集部の共同企画として、それぞれが取材した記事を相互に掲載するという新しい取り組みにもぜひご注目ください。

◆Aetas株式会社 代表取締役社長兼4Gamer.net編集長 岡田和久のコメント

イードの宮川社長とある日ご飯を食べてたら「一緒になんかやる?」と聞かれたもので、流れで「いいっすねー」と軽い気持ちで答えた結果が、こういう形になりました。巻き込まれたイードの関係者の皆様と弊社のスタッフにおかれましては、本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。

日本のゲーム業界は全体的にいま、大変な時期にあることが否定できないと思います。

かつてゲーム大国だった日本がちょっと油断しているうちに、ありとあらゆる国の、ありとあらゆる開発者が、日本のゲームの素晴らしいクオリティに感動して、夢見て、目指して、追いついて、抜き去っていきつつあります。

セルラン上位には海外勢が大量にいるし、かつてその昔「洋ゲー」と呼ばれていた海外製のゲームも、PC/コンソール/スマホのプラットフォームを問わず大量に入ってきて、一般のプレイヤーの皆さんを普通に楽しませています。

でも大丈夫です。まだまだいけます。日本のゲームは今まで以上に世界を席巻できるはずで、たまたま今は、何かちょっとしたものが足りないだけなのです。

このイベントを見て会場に足を運んでくれる皆さんが、その「ちょっとしたもの」を埋めてくれて、この先のゲーム業界を作り上げていくであろうことは明白です。そんな重要な場所を、いつもなら呪詛を吐く相手でしかないライバルメディアと一緒に作り上げるという、希有な体験をさせてもらったこと、僥倖に巡り会えたと思っています。

今後のゲーム業界の発展の一助となれるようなイベントに育てていければなぁ、と甘いことを考えていますが、まずは1回目、学生の皆さん(応募側)と業界の皆様(採用側)の双方にご満足いただけるようなイベントとして、誰かの人生に少しでも関われるといいなと思っています。よろしくお願いいたします。

◆株式会社イード ゲーム事業部 部長 宮崎紘輔のコメント

普段は(おこがましくも)ライバルとして切磋琢磨し(ときに呪詛しつつも)、読者だった頃と変わらずにリスペクトと憧れを抱いてその背中を追い続ける偉大なる先達と一緒にこうしたイベントを開催できることを大変嬉しく思います。

……と大層な前口上になりましたが、自分はロクに就活もしてこず、メディアの人間として高い志で何かを成そうと勉学に励んだこともなく、「働いたら負けだな~。でもゲームは好きだから、ゲーム会社なら働けるかな~。」という甘い気持ちで悶々と何もせずに学生時代を過ごしました。

今回出展いただく企業の説明会に参加したり、期日に間に合ってないのにエントリーシートを送ってみたりもしましたが、そんなだらしない人間が10数年を経て、こうして誰かの人生の役に立てるかもしれない場を作れることは大変に光栄です。

既に高い志でゲーム業界を目指す学生のみなさんはもちろん、まだ何者になれるかもわからず悶々としている学生のみなさんにもぜひご参加いただければと思います。10数年前の自分に会えるなら張り倒してでも連れてきます。

岡田編集長も指摘するとおり、日本のゲーム業界が置かれる環境は厳しいものがあります。ただ、本当に悲惨な状況は若者を受け入れる余裕がなくなることであって、裏を返せばまだまだ新しい力を求めているし、苦しいからこそ若手にもチャンスがあるともいえるでしょう。OK余裕です。未来はみなさんの手の中にあります。

長くなりましたが、単なる賑やかしのイベントではなく、前途洋々な学生のみなさんと若い力を求めるゲーム企業のマッチングの場として今後も業界が発展する一助になればと本気で思っています。企業がちょっとの隙間を埋める一助になる、学生のみなさんが大好きなゲームに携わる世界線に飛び移れる、そんな機会になれば幸いです。いずれ「キャリアクエストから自分のキャリアが始まったんですよ」という方にインタビューができる日がくることを夢見ています。

■開催概要

『キャリアクエスト ~冒険者から専門職へ~』
公式サイト:https://career-quest.games/
日時:2024年6月30日(日)第1部:11:00~13:30 / 第2部:14:30~17:00
※2部開催、1部と2部の間には別途特別企画を実施
会場:秋葉原UDXイベントホール(A~D)
対象:2026年3月/9月、および2027年3月に大学・大学院・専門学校を卒業予定の学生
参加費:無料

説明会出展企業一覧(50音順)

  • 株式会社アトラス

  • 株式会社Aiming

  • 株式会社カプコン

  • 株式会社コーエーテクモゲームス

  • コナミグループ株式会社

  • 株式会社セガ

  • 株式会社スクウェア・エニックス

  • 株式会社バンダイナムコエンターテインメント

  • 株式会社WFS

  • 株式会社ラセングル

■「4Gamer.net」について

PCやコンソール、インディ、ボードゲームやハードウェアなど、ゲームファンのために最新ゲームおよびその周辺情報を発信し続ける、日本最大級の総合情報サイトです。ニュース掲載だけでなく、深く切り込むインタビューやプレイムービー、レビュー記事、週刊連載、ハードウェア情報、そしてわしゃがなTVなど、多種多様なコンテンツが満載です。

URL:https://www.4gamer.net/

■「Game*Spark」について

ハードコアなゲーム情報に特化したゲーム情報メディアです。最新のPC/コンシューマーゲーム情報から、インディー作品情報、ゲーム業界動向、最先端テクノロジー、著名人インタビュー、話題のeスポーツまで幅広くカバーしています。オリジナル連載漫画をはじめとする独自コンテンツや、コメント機能による活発なゲーマーコミュニティも特徴です。

また、近年ではGame*Sparkのブランドを活用したパブリッシング事業を「Game*Spark Publishing」として行っており、その第1弾として『ウィザードリィ外伝 五つの試練』を2023年10月26日にSteamで正式リリースしました。

URL:https://www.gamespark.jp/


《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『1-2-Switch』ぼっちでも楽しいゲーム6選 ─ ひとりでも赤ちゃんをあやして遊べる!

    【特集】『1-2-Switch』ぼっちでも楽しいゲーム6選 ─ ひとりでも赤ちゃんをあやして遊べる!

  2. 紀藤弁護士から見た『ファークライ5』のカルト教団―果たして「エデンズ・ゲート」は存在しうるのか?

    紀藤弁護士から見た『ファークライ5』のカルト教団―果たして「エデンズ・ゲート」は存在しうるのか?

  3. 「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催

    「4Gamer.net」と「Game*Spark」がタッグを組んだ!新卒向けゲーム業界就活イベント『キャリアクエスト』が6月30日開催

  4. 【特集】『ゲームに登場するお母さんキャラ』10選―ディア・ママ!

  5. 映像の美しさと高い反応速度を両立するLGゲーミングモニター「32GP83B-B」の魅力に迫る―ブラックスタビライザーやクロスヘア機能などゲーマーのあらゆるニーズに対応

  6. 五輪コラムをうけた今後の編集体制についてのご報告

  7. 初心者でも動画で分かる『LoL』Topレーンの戦い方(ダリウス編)

  8. 【特集】『ゴーストリコン』シリーズまとめ―過去作の特徴や最新作との共通点をおさらい!

  9. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  10. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

アクセスランキングをもっと見る

page top