【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

ゲームの中には、先見の明がありつつも表現力が追い付かなかった作品、今の技術なら……と思ってしまう作品がいくつもあったのです。そこで本記事では、「時代を先取りしすぎたゲームたち」を5つ紹介していきます。

Game*Spark オリジナル
【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選
  • 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

現実と見紛うほどのグラフィックや、映画/アニメに負けないほどの多様性を持つゲームは、長い歴史の中で技術とともに進化してきました。しかし、ゲームの中には、先見の明がありつつも表現力が追い付かなかった作品、今の技術なら……と思ってしまう作品がいくつもあったのです。そこで本記事では、『時代を先取りしすぎたゲームたち』を5つ紹介していきます。なお、今回は筆者の独断と偏見であり、コンソール、そして国産タイトルに限定して選出していますのでご了承ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


■シェンムー
発売: 1999年12月29日 機種: ドリームキャスト

―時代先取りといえばこれ!今なお愛される3Dオープンワールドの先駆け
2017年現在、オープンワールドゲームはインディーデベロッパーでさえ制作するようなポピュラーなジャンルとなりましたが、ジャンルの先駆者といえば、『シェンムー』になるでしょう。オープンワールド、という名称が一般的ではなかった当時、今作のジャンルは「FREE」とされていました。

3Dグラフィックで緻密に描かれた横須賀の街はもちろん、フラグ管理や、アルバイトなどのサイド要素、ボイスアクター自身が演じるモーションキャプチャーなどが搭載され、今日のオープンワールドゲームでは当たり前となったシステムが組み込まれていました。

2001年には、香港が舞台となる直接的な続編『シェンムーII』が発売。以降長い間シリーズに動きはありませんでしたが、E3 2015にて最新作『シェンムー3』が発表され、Kickstarterでは最終的に6,333,295ドルを調達しました。この記録はKickstarterにおけるビデオゲームタイトル(ハード、ボード含まず)として最も支援を受けた作品(記事執筆時点)となっており、世界中のゲーマーから愛されています。

《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 81 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

    【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

  2. 【お知らせ】「じゃんげま」電子書籍版の販売もスタート!単行本の初版分も残りわずか

    【お知らせ】「じゃんげま」電子書籍版の販売もスタート!単行本の初版分も残りわずか

  3. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

    【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  4. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  5. 【漫画じゃんげま】「トゥームレイダー!」の巻

  6. 暑いからタイ産ホラー『Home Sweet Home』の恐怖で涼んでみた―デモ版プレイレポ

  7. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  8. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  9. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  10. 1周年を迎えた『リネージュ2 レボリューション』にPCゲーマーが挑むースマホMMOの進化と驚きとは

アクセスランキングをもっと見る

page top