コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で 1枚目の写真・画像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で 1枚目の写真・画像

コナミデジタルエンタテインメントは、1987年にアーケードゲームとして登場して以来、人気を継続してきたアクションシューティングゲーム『魂斗羅』シリーズの最新作を、中国のインターネットサービス大手テンセントと協業で、中国市場向けに配信します。

ニュース 発表
コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で
コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信―テンセントと協業で

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

    『桃鉄』最新作が安い!『マリオ』『ポケモン』などもお手頃価格─『バルダーズ・ゲート3』2,728円など、ゲオ店舗のセールを現地調査

  2. 【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

    【PC版無料配布開始】コインランドリー兼ゲーセンシム『Arcade Paradise』&サバイバルホラー『Maid of Sker』Epic Gamesストアにて

  3. 『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

    『ちびロボ!』シリーズの主要メンバー達が紡ぐ新アクションADV『koROBO』発表!7月23日よりクラファン実施

  4. トランプ氏銃撃事件の犯人を騙る「フェイクのSteamアカウント」に翻弄される海外メディア―意味深な書き込みは不謹慎なイタズラか

  5. 鬼ならぬゲイブ氏も笑う?次回サマセ含む、2025年前半のSteamセール・フェス情報が早くも公開「放置ゲームフェス」や「ゾンビvs吸血鬼フェス」など注目イベントも

  6. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  7. 地下採掘サンドボックス『Core Keeper』コンソール版が2024年夏に登場!―Steam版正式リリースにあわせて配信

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 普通に遊んでみたいんですけど!?インティ・クリエイツの16bitロボアクション『精霊機フレイリート』プロジェクト始動!【エイプリルフール】

  10. 『勝利の女神:NIKKE』などのキム・ヒョンテもAIを活用中―自身の過去絵を学習させたモデルも

アクセスランキングをもっと見る

page top