【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?

連載・特集 特集

【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?
  • 【総力特集】『トイレ・オブ・ザ・イヤー2015』受賞発表―最も作りこまれたゲーム中のトイレは?

この度、Game*Spark/インサイドは「トイレ・オブ・ザ・イヤー (TOTY)」を設立します。TOTYは、今年リリースされた「トイレが登場するゲーム」の中で、最も作り込まれたトイレを選考するアワードです。「トイレが作り込まれているゲームは名作」というジンクスが事実なのかはさておき、ひとつのオブジェクトを徹底的に作り込んでいるゲーム開発者の職人魂には敬意を表するべきではないでしょうか。

今年はTOTYの他にも、最も優れた便座のデザインを決める「ベストデザイン賞」、トイレに新たな可能性を切り開いた作品を決める「イノベーション賞」、最も印象的なトイレを決める「ベストインパクト賞」、Game*Spark編集長が独断と偏見でベストなトイレを決める「特別賞」の4部門を創設しました。さぁ、栄光の「トイレ・オブ・ザ・イヤー 2015」に輝いたのは一体どのタイトルなのか、気になる結果をご覧ください!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ベストデザイン賞
『MAD MAX』




発売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 
開発元:Avalanche Studios
ジャンル:オープンワールド型カーアクションゲーム
機種:PlayStation 4/Xbox One/PC


    審査員によるコメント
    まさに『マッドマックス』の世界観をそのままトイレで表現したような作品。見ての通り、古びたソファに穴を空けてタイヤをぶち込んだだけで、利便性や衛生面などこれっぽっちも考えていません。しかし、「これこそ『マッドマックス』のトイレだ!」と人々に言わしめる妙な説得力があるのです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

イノベーション賞
『Fallout 4』




発売元:Bethesda Softworks
開発元:Bethesda Game Studios
ジャンル:オープンワールド型RPG
機種:PlayStation 4/Xbox One/PC


    審査員によるコメント
    今作では、前作『Fallout 3』のように便器の水を飲む事は出来なくなり、トイレそのものの存在感は薄まりましたが、材料を集めてオブジェクトを作成するワークショップ機能によって、思うがままにトイレを生産し、それを自由自在に置けるようになりました。この機能を使って創意工夫をすれば、トイレに新たな存在感を持たせる事だって、あるいはトイレに命を吹き込む事だって出来るはずです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ベストインパクト賞
『I am Bread』




発売元:Bossa Studios
開発元:Bossa Studios
ジャンル:パンシミュレーター
機種:PlayStation 4/PC


    審査員によるコメント
    『I am Bread』は、生活感溢れる家の中で食パンを操作して、こんがり焼けたトーストになるべく奔走していく異色の食パンシミュレーターです。プレイヤーの分身である食パンは、床などの不潔な場所に触れてしまうとダメージが加わり食べられなくなるので、清潔な場所を選びながら目的地に進まなければなりません。そんな本作では、何の変哲の無いトイレを「全ての食品にとって最大の難所」として捉えており、その観点に多大なインパクトを受けました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

特別賞
『ALIEN:ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』




発売元セガゲームス 開発元:The Creative Assembly
ジャンル:SFサバイバルホラー 機種:PS4/Xbox One/PC


    Game*Spark編集長によるコメント
    小一時間、各ゲームのトイレを吟味して悩みに悩んだ結果、『Alien: Isolation』を特別賞に選出しました。この便器は、リプリーが目覚めるゲームスタート地点、日系企業ウェイランド・ユタニ社の宇宙船Torrens号に存在。その冷たく無機質なデザインは、逃げ場のないエイリアンの恐怖を象徴しているかのようです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

トイレ・オブ・ザ・イヤー 2015
『Wolfenstein: The Old Blood』




発売元:ベセスダ・ソフトワークス
開発元:MachineGames
ジャンル:FPS
機種:PlayStation 4/Xbox One/PC


    審査員によるコメント
    それぞれのトイレに物語を感じさせる使用感は、ひとつのオブジェクトでも職人魂をもって徹底的に作り込み、ゲームの世界観を崩さないように細心の注意を払っている証拠です。目新しさはないものの、作り手の誠実さが伝わるトイレといえるのではないでしょうか。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

さて、『トイレ・オブ・ザ・イヤー 2015』の結果はいかがでしたか?皆さんが印象に残ったトイレは表彰されたでしょうか?「この結果はおかしい!あのトイレが表彰されていないじゃないか!」と今年のTOTYに物申したい人は当記事のコメント欄でお願いします!

なお、弊誌は来年の「トイレ・オブ・ザ・イヤー」に向けて特別審査員を務めてくれるゲームクリエイターやトイレ業界の関係者を募集しています。興味がある方は、こちらの問い合わせフォームより編集部にご連絡ください。

次のページ:今年リリースされた「トイレが登場するゲーム」の数々

《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top