海外レビューハイスコアゲーム 『Medieval II: Total War』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコアゲーム 『Medieval II: Total War』

ニュース 最新ニュース

●[b]Strategy Informer: [size=medium]93[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―シリーズ最新作にして最高傑作。トータルウォーのエヴォリューション。

●[b]GameSpot: [size=medium]8.8[/size][/b]/[size=x-small]10.0[/size]
―美麗なグラフィックで描かれる大軍隊の戦闘。リアルな音響効果と楽曲で彩られたシネマティック表現は驚異。反面、必要システム環境もめっぽう高い。

●[b]IGN: [size=medium]8.8[/size][/b]/[size=x-small]10.0[/size]
―同じタイプのユニットでも、それぞれ異なる容姿をしているのは驚き。前作からインターフェースが改良されていないのは残念。

●[b]EuroGamer: [size=medium]9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―息を呑むほど深みのあるゲーム性。厄介で見づらいインターフェースは、カジュアルゲーマーの壁になるだろう。

●[b]PC Gamer: [size=medium]90[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―もしもあなたがまだRome: Total Warで一画面に表示されるユニット数の多さをすごいと思っているのなら、本作をプレイしてブッ飛ぶことになる。



今週発売された大御所歴史リアルタイムストラテジーシリーズの最新作、Medieval II: Total Warの海外レビューをご紹介します。やっぱり、長く続くシリーズには貫録というものがあるのでしょうか、上記以外のサイトでも、80点以下の評価を付けているサイトはありませんでした。特に、ユニットやマップを含むビジュアル面と、シナリオやキャンペーンの規模が大幅に強化されているのは非常に高く評価されており、それだけでRTSファンには充分プレイする価値がある、といったコメントも。しかし、シリーズもので必ず注目される「前作から進化した部分」という視点では、グラフィック面以外であまり良いコメントは見つかりませんでいた。とりわけインターフェースに関しては、複数のサイトで「使いづらい」「変わっていない」という指摘が。いずれにしても、これまでのシリーズをプレイしたことがあるファンには、水準以上の評価が付けられている本作を見逃す理由はなさそうですね。

Medieval II: Total War過去の記事一覧

(C)2006 The Creative Assembly Limited.
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

    ご近所ホラー『Hello Neighbor』正式リリース日が決定!

  2. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

    映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  3. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

    Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  4. 『グウェント』パブリックベータが国内PS4/XB1/PC向けにスタート!

  5. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  6. SWATチーム描く本格タクティカルFPS『Ready Or Not』発表!

  7. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  8. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  9. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  10. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top