海外レビューハイスコアゲーム 『Medieval II: Total War』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコアゲーム 『Medieval II: Total War』

今週発売された大御所歴史リアルタイムストラテジーシリーズの最新作、[b]Medieval II: Total War[/b]の海外レビューをご紹介します。

ニュース 最新ニュース
●[b]Strategy Informer: [size=medium]93[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―シリーズ最新作にして最高傑作。トータルウォーのエヴォリューション。

●[b]GameSpot: [size=medium]8.8[/size][/b]/[size=x-small]10.0[/size]
―美麗なグラフィックで描かれる大軍隊の戦闘。リアルな音響効果と楽曲で彩られたシネマティック表現は驚異。反面、必要システム環境もめっぽう高い。

●[b]IGN: [size=medium]8.8[/size][/b]/[size=x-small]10.0[/size]
―同じタイプのユニットでも、それぞれ異なる容姿をしているのは驚き。前作からインターフェースが改良されていないのは残念。

●[b]EuroGamer: [size=medium]9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―息を呑むほど深みのあるゲーム性。厄介で見づらいインターフェースは、カジュアルゲーマーの壁になるだろう。

●[b]PC Gamer: [size=medium]90[/size][/b]/[size=x-small]100[/size]
―もしもあなたがまだRome: Total Warで一画面に表示されるユニット数の多さをすごいと思っているのなら、本作をプレイしてブッ飛ぶことになる。



今週発売された大御所歴史リアルタイムストラテジーシリーズの最新作、Medieval II: Total Warの海外レビューをご紹介します。やっぱり、長く続くシリーズには貫録というものがあるのでしょうか、上記以外のサイトでも、80点以下の評価を付けているサイトはありませんでした。特に、ユニットやマップを含むビジュアル面と、シナリオやキャンペーンの規模が大幅に強化されているのは非常に高く評価されており、それだけでRTSファンには充分プレイする価値がある、といったコメントも。しかし、シリーズもので必ず注目される「前作から進化した部分」という視点では、グラフィック面以外であまり良いコメントは見つかりませんでいた。とりわけインターフェースに関しては、複数のサイトで「使いづらい」「変わっていない」という指摘が。いずれにしても、これまでのシリーズをプレイしたことがあるファンには、水準以上の評価が付けられている本作を見逃す理由はなさそうですね。

Medieval II: Total War過去の記事一覧

(C)2006 The Creative Assembly Limited.
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

    『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

  2. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

    アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  3. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

    『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  4. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

  5. 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

  6. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  7. 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

  8. ユービーアイの『Beyond Good and Evil 2』ついに開発期間が最も長いゲームに…14年間かかった『Duke Nukem Forever』抜く

  9. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  10. EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

アクセスランキングをもっと見る

page top