『Nintendo DS』は、イギリスでも据え置きゲーム機を上回るヒットに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Nintendo DS』は、イギリスでも据え置きゲーム機を上回るヒットに

家庭用ゲーム Wii

日本ではお店で普通に見かけなくなってそろそろ丸1年経とうかという[b]Nintedo DS[/b]ですが、第三者機関の調べによればイギリスでも日本と同じく据え置きゲーム機をも上回る勢いで売れているそうです。

写真のグラフは北米でのものになりますが、海外では6月のDS Lite発売の勢いが大きく、そこに日本でもおなじみTouch! Generationsを始めとした新規ソフトの充実が牽引するという現象が、今や世界中を席巻しています。



イギリス国内でも累計200万台を突破し、当初のライバルだったPSPはもちろん、他の据え置きゲーム機をも上回り、2006年最大のゲームプラットフォームになっているとのことです。

日本や北米と比べ欧州の家庭用ゲーム機は押し並べてコストが高く、今までは普及時期に入るまで大変時間がかかっていたのですが、DSは比較的日本と変わらない値段で発売されたのもヒットの大きな要因でしょう。例えば[url=http://www.amazon.co.uk/s/ref=nb_ss_w_h_/202-9956444-7659047?url=search-alias%3Daps&field-keywords=ds+lite]amazon.co.uk[/url]ではDS Liteが?99と、約22000円少々で売られています。ちょっと高いって?

…ちなみに、12月8日発売のWiiは?179でなんと[b]お値段4万円[/b]。Xbox360は?279で[b]6万3000円![/b]PS3に至っては?425の予価で[b]9万6000円!![/b]もう、ソフト1本買って10万超えてしまうお値段です。

この事情は最近のユーロ高もありますが、他のユーロ圏でも同様の価格で売られており、ヨーロッパでは新型ゲーム機というのは毎回高嶺の花です。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6162448.html]GameSpot[/url])[/size]

関連記事:ヨーロッパでNintendoDSが700万台突破
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

    『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  2. ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』発売決定! 「頂上大会2017」札幌大会で発売日など発表

    ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』発売決定! 「頂上大会2017」札幌大会で発売日など発表

  3. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

    『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  4. PS4『雷電V Director's Cut』発売決定―2人同時プレイや新ステージを追加!

  5. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  6. 『ストリートファイターV』CFNが5月末に刷新、新キャラ「エド」や金網が懐かしいあのステージの復活も

  7. 『Call of Duty: WWII』に「無限ダッシュ」は非搭載

  8. Steam/Xbox One版『Fallout 4』の週末無料プレイ実施が海外発表!―Modも体験可能

  9. PS4版『フォーオナー』大会「アポリヨンズトーナメント」開催!JCGオープン大会も継続

  10. 『Weeping Doll』など注目ホラーも―中国OASIS GAMESが送るインディー4作品

アクセスランキングをもっと見る

page top