海外レビューハイスコア『NBA '07』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『NBA '07』

PS3版は自社ハード専用タイトルとして1080p/60フレームを売りしたグラフィックやSIXAXISを生かしたスローイングなどを引っさげて登場しましたが、残念ながらこれであまりインパクトのあるグラフィックにはならなかったようで、バグの多さやモードの少なさなど初期タ

家庭用ゲーム PS3


●[b]IGN: [size=medium]7.8[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―AIは強いし、シュートのシステムはタイトだ。NBAリプレイは、時にスポーツゲームで最も良いモードといえる。しかし残念なことにSIXAXISの6軸操作問題やバグ、それにアンロックできる要素やモードの欠落はとても良いとは言い難い。

●[b]GameInformer: [size=medium]7.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―グラフィックの改善とSIXAXISコントローラは、ソニーの現行機向けNBAゲームを買い換えるのには十分ではない。そして間違いなく、2Kシリーズの後には。

●[b]PGNX Media: [size=medium]6.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―NBA 07は酷く壊れたゲームではないが、かなりはっきりとした欠陥がある。結構だが素晴らしいわけではないグラフィックや間に合わせなオーディオもまた、確かにゲームを傷つけてしまった。

●[b]1UP: [size=medium]6.5[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―しかしながら、少なくとも私のために、NBA 07はスポーツ革新賞をPS3ロンチに獲得しました。ソニーは今年の実際のNBAシーズンから、毎週5つのダウンロードシナリオを提供してくれます。

●[b]Gamespot: [size=medium]4.9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―PS3版のNBA 07にはPS2版にある面白いストーリーモードがありません。しかし他のバージョンの欠点はそのまま持っている上に、さらなる欠点も加わっています。



自社タイトルとして当然ながらPS3/PS2/PSPのみでのリリースで、PS3版はハード専用タイトルとして1080p/60フレームを売りしたグラフィックやSIXAXISを生かしたスローイングなどを引っさげて登場しましたが、残念ながらこれであまりインパクトのあるグラフィックにはならなかったようで、バグの多さやモードの少なさなど初期タイトル特有の難しさが浮き彫りになってしまいました。

日本人から見るとタイトルからしてなかなか区別の付きにくいスポーツゲームシリーズですが、大きく分けて2つ。徹底したマルチプラットフォームで毎年合計軽く500万本を超えるセールスを叩き出す、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Madden+NFL&kcatid=]Madden NFL[/url]シリーズを筆頭とした横綱EA Sportsブランド(バスケットは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=NBA+Live+07&kcatid=]NBA Live 07[/url])と、現在これに唯一正面から対抗しているのがVisual Concepts開発の2K Sportsブランドで(バスケットは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=NBA+2k7&kcatid=]NBA 2K7[/url])、こちらは以前セガがDreamcast向け(その後マルチ展開)として販売していましたが評判のほどは売れずに、現在は子会社ごとTake2系列に売却されています。

今回のNBA '07シリーズ(こちらはしばしばダッシュが付きます)は、それとは全く別個にSCE内製スタジオから最近加わったのですが、まだまだスポーツゲームの2強に割って入ることは出来なかったみたいで、これらと比べた酷評が目立ちます。

特に他と比べてバスケットボールはライバルの2Kシリーズが強く、ただいまEAとともに熱い戦いになっているようで次世代機になってからの進化が著しいです。メッシュの網目まで見えるようなユニフォームや汗をダラダラ流してるようなプレイヤーキャラクターは今や当たり前、チアガールやマスコットから観客の一人ひとりまで制御されてるような大群衆やら、実際のTV番組と提携したリアルタイムのオンラインニュースティッカーまで、一般層の広いマーケット相手に臨場感と迫力を追求してきた今の海外スポーツゲームは、いつの間にか相当な次世代レベルになっているようです。

(C) Sony Computer Entertainment Inc.. All rights reserved.
《Miu》
BFV最新ニュース[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

    ゲームキューブコントローラで遊ぶ『スマブラSP』のススメ─Joy-Conとはどう違う?

  2. 【吉田輝和の絵日記】ちょ待てよが如く『JUDGE EYES』キムタクがコンビニや風呂屋(意味深)で大暴れ!

    【吉田輝和の絵日記】ちょ待てよが如く『JUDGE EYES』キムタクがコンビニや風呂屋(意味深)で大暴れ!

  3. 殺意の波動の化身!『ストリートファイターV』新キャラ「影ナル者」詳細公開―「CAPCOM CUP 2019」も開催決定

    殺意の波動の化身!『ストリートファイターV』新キャラ「影ナル者」詳細公開―「CAPCOM CUP 2019」も開催決定

  4. Remedyの超能力シューター『CONTROL』公式放送がTwitchで配信へ、主演女優と共に開発状況を報告

  5. 『フォートナイト』v7.10アップデート及び新乗り物「ドリフトボード」が共に延期に

  6. 大きな穴がすべてを飲み込む『Donut County』PS4/スイッチ向けにも国内配信―穴の下にはなにがある?

  7. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ、安心感がハンパない吹替トレイラー!「これだから門は嫌いなんだ」【UPDATE】

  8. 鈴木咲&倉持由香らが戦場を行く―連載動画「みんなで『バトルフィールドV』」スタート!

  9. PS4/XB1版『Fallout 76』新アップデートに伴うメンテナンスは12月13日23時から―日本語詳細パッチノートも

  10. 『フォートナイト』「インフィニティブレイド」が間もなく保管庫行きー終盤での強力さのため

アクセスランキングをもっと見る

page top