『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』最新トレイラーとQ&A | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』最新トレイラーとQ&A

ニュース 最新ニュース



数年の開発期間を要し、発売延期を繰り返したS.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl。3月23日発売が決定して、マルチプレイヤーテストも行われました。俄然盛り上がってきているこのタイトルの疑問点などを、GSC・PRリーダーにQ&Aで回答してもらった記事が掲載されています。ムービーも最新ですよ!


[b]Q:一部の人々は、ゲームの舞台をチェルノブイリ市に選んだ事が、少なからず核被害の危険があることに心配すると思います。どうして虚構の舞台よりも実際の都市を選んだのでしょうか?

A:私たちはチェルノブイリの悲劇を重く受け止めていますし、慎重です。多くの人々は他の悲劇をゲームにして遊ぶことは不謹慎とされるかも知れない。そのために関係者と良いムードを作るために、長期間その地を往復しました。チェルノブイリの悲劇が本当に起こった地を舞台にしたのは、警鐘を描いたゲームとして相応しく、そして誰もがそれを確認しなければならないからです。[/b]







[b]Q:現在、Windows Vistaが発売されていますが、DirectX10への移行が心配でアップグレードするかどうか足踏みしているユーザーもいるようです。この点はどうですか?

A:DirectX10対応となると、このゲームの開発は困難になるでしょう。数点のプログラムコード修正だけで完全に動作する、という訳でもありません。最適化するためだけにデバッグで立ち止まる事は出来ませんから。ただ、次回作以降はDirectX10対応を予定しています。[/b]





[b]Q:コンソールプラットフォーム、PS3とXbox360への移植に関してはどうでしょうか?

A:これはPC版の反響次第ですね。[/b]

何点かの興味深いQ&Aを、簡潔にまとめてみました。このゲームはチェルノブイリ原発事故の悲劇を決して忘れることのないように、人類への警鐘を込めての作品、とも言えそうです。反響次第では家庭用コンソールにも移植の可能性が出てきそうですね。発売は3月23日、価格は6,980円(税込)です。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.firingsquad.com/games/stalker_update_interview/]FiringSquad[/url])[/size]

関連記事:『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』3月23日が発売日!最新ムービーも配信
関連記事:『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』ベータテストから詳細が明らかに

[i]S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl[/i]過去の記事一覧
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. 【TGS 2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

    【TGS 2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

  2. 『NieR:Automata』世界累計出荷&ダウンロード販売本数200万本突破!

    『NieR:Automata』世界累計出荷&ダウンロード販売本数200万本突破!

  3. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  4. DontNod手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』の発売延期が発表

  5. PS4/Xbox One/PC『Project CARS 2』予約特典やシーズンパスの詳細が明らかに

  6. もうひとつの「EDF」始動!『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』ティザーサイトが公開

  7. Steamが「レビュー荒らし」に対策、ユーザーレビューにヒストグラム表示が追加

  8. 遂にドン勝!『PUBG』の同接プレイヤー数がSteamトップに―『Dota 2』の牙城を崩す

  9. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  10. 国内e-Sportsの統合団体が「日本オリンピック委員会」への加盟を目途に設立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top