散々だった次世代『Sonic the Hedgehog』チームでは何が?ソニックの過去と未来… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

散々だった次世代『Sonic the Hedgehog』チームでは何が?ソニックの過去と未来…

原点回帰のタイトルを引っさげて昨年末に次世代機で発売されるも、かなり散々な出来だったセガの看板タイトル[b]Sonic the Hedgehog[/b]。次回作となるWii版[b]Sonic and the Secret Rings[/b]も海外では発売を迎え、ディレクターを勤める小川陽二郎氏がインタビュ

ニュース 最新ニュース

原点回帰のタイトルを引っさげて昨年末に次世代機で発売されるも、かなり散々な出来だったセガの看板タイトル[b]Sonic the Hedgehog[/b]。次回作となるWii版、Sonic and the Secret Ringsも海外では発売を迎え、ディレクターを勤める小川陽二郎氏がインタビューを受けていますが、そこで海外の記者から前作への厳しいツッコミも……。



Q: Xbox360とPS3の、新しいソニックとあなたの関係について定かではないのですが、しかしあのゲームの不具合などに関する問題は、ご自身も気づいておられるはずです。たくさんのユーザーが、最終的な製品にあのような不具合があるのを疑問に思っていることについて、何かコメントできることがありますか?

A: 今日たぶん私たちが見ているようなものになった理由には、たくさんの原因が含まれます。

ひとつには、我々はクリスマスあたりにこのタイトルを発売したかったということです。そしてPS3の発売が近づいていました。しかし我々は、マイクロソフトのXbox360と同時に(PS3へ)開発しなければなりませんでした。それはチームにとって大変酷いプレッシャーでした。

たった一つのチームで両方のバージョンを一緒に出そうというのは、非常に難しいことで大きなチャレンジだったのです。


結局、Xbox360版は11月14日に発売されたものの、日本ではPS3版と共にクリスマスギリギリの12月21日に、海外では最終的に1月30日まで発売が延びてしまいました。

発売後の各サイトでの評価も散々で、もはや[url=http://www.youtube.com/watch?v=9YJNckvunCY]悪い冗談みたいなローディングの長さ[/url]や体験版時代から直ってない根本的な操作性の悪さなど、セガの看板タイトルが次世代機で登場!という事前の期待を考えると海外ファンの失望は相当なもので、昨年度に最も残念だったゲームのひとつといっても過言ではありません。

Q: 以前のソニックチームへのインタビューでSonic Rushの西山彰則氏は、彼は2Dスタイルなソニックのゲームプレイの大ファンで、もし良く売れたらぜひ続編に取り組みたいと語ってくれました。新しい2Dソニックについてのニュースはありませんか?

A: ソニックは、ファンに支えられています。これこそが彼が15年間やってこられた理由です!

Sonic Rushについて、もしたくさんの要望があるならばありえるかもしれません。だから、多分また2Dスタイルのソニックを作るかもしれませんが、それがいつどのようなものになるかはわかりません。でも、ありえます。


今回のSonic and the Secret Ringsも海外では先日の20日に発売され、ただいま徐々にレビューが集まってきていますが、まずまず[url=http://www.metacritic.com/games/platforms/wii/sonicwildfire]一定の評価[/url]を得ているようです([url=http://www.metacritic.com/games/platforms/ps3/sonicthehedgehog?q=Sonic%20Hedgehog]前回…[/url])。今度こそは、セガのリベンジに期待したいところですね。[size=x-small](ソース
: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3157359]1UP[/url], [url=http://games.kikizo.com/features/sega_sonicteam_interview_feb07_p3.asp]Kikizo[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3157359]1UP[/url]より)[/size]

関連記事:海外レビューボロボロスコア Xbox 360『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』


関連記事:今年を振り返る:2006年の『Worst』 of the Yearに選ばれたのは…中編
《Miu》
BFV最新ニュース[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

    『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

  2. 「ドラゴンボール」新作ゲームは「Z」世界を舞台にしたアクションRPGに―続報は『DBFZ』世界大会で

    「ドラゴンボール」新作ゲームは「Z」世界を舞台にしたアクションRPGに―続報は『DBFZ』世界大会で

  3. PS4/スイッチ/Steam『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』発表!「SEED」「W」「OO」「オルフェンズ」が新参戦【UPDATE】

    PS4/スイッチ/Steam『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』発表!「SEED」「W」「OO」「オルフェンズ」が新参戦【UPDATE】

  4. 『バイオハザード RE:2』最新情報や実機プレイなど公開する発売直前生放送が配信決定

  5. 『エースコンバット7』UK売上チャートで2位獲得!同国でのシリーズ最大のローンチ

  6. 『ラングリッサーI&II』体験版の配信決定!「クラシックモード」や“ちょっとした隠し要素”も

  7. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  8. "発売前"の新作パズルADV『Pikuniku』Twitch Prime向けに異例の無料配布中!1月23日まで

  9. Blizzardが『Diablo』未発表作品の開発者を募集中

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top