『Assassin's Creed』Ubisoftがショートフィルムを制作予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Assassin's Creed』Ubisoftがショートフィルムを制作予定

ニュース 最新ニュース

12世紀の十字軍の時代を背景に、暗殺ステルスアクションが楽しめる[b]Assassin's Creed[/b]。ここのところトレイラーはおろか、スクリーンショットのかけらも公開されず少々さみしい状態でしたが、今週に入って、Ubisoftからちょっぴり楽しみな情報が入りました。


以下、Ubisoftの広報担当者のコメントから抜粋


“[i]Too often, the movies made from video games don't respect the characters. The producers want to make a mainstream movie, but if the fans decide it's not good, the movie won't be a success. With our new studio, the same people making the games will be working closely with the people making the films."

“ゲームが映画化されると、キャラクター性が尊重されないことが度々あります。プロデューサーは、メインストリームに向けた映画を制作しようとしますが、(ゲームの)ファンにそれが出来の悪いものだと判断されてしまうと映画は成功しないでしょう。(Assassin's Creedの)のフィルムを制作するために我々が新しく編成したスタジオのスタッフと、ゲームの開発スタッフはより密接な位置で作業を行うことになります[/i]”


どうやらUbisoft自身が、Assassin's Creedの映画を制作することになったようです。といっても、2時間あるような大作ではなく、8分間のショートフィルム形式のものが予定されており、ゲーム本編の発売に合わせたプロモーションの一つとして、Xbox LiveやiTuneでの配信が予定されているそうです。

映画と呼ぶには非常に短い内容であるものの、ゲームのメーカーが自らスタジオを設立して自社タイトルの映画化にあたるのは過去にもあまり例がありません。しかし、ハリウッドで映画化されても、全然違う内容になって結局痛い失笑を浴びる・・・、という悲劇が繰り返されているのは事実で、今回のUbisoftの決断は賢明なものだったと言えるかもしれません。Assassin's Creedの発売前の異様な期待度の高さも含め、ブランドイメージを大切にしたいというUbisoftのスタンスが伺えます。[size=x-small](ソース: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3157556]1UP[/url])[/size]

関連記事:『Metal Gear』シリーズが、SPEからハリウッドで映画化へ
関連記事:Oblivionより数倍きれいな『Assassin's Creed』X06ムービー2点
関連記事:ザックがすごい ハリウッド映画版『デッドオアアライブ』予告編

(C) 2006 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  2. 噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

    噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

  3. 現世代機/VR版『L.A.ノワール』国内発売日が決定!名作クライムスリラーが蘇る

    現世代機/VR版『L.A.ノワール』国内発売日が決定!名作クライムスリラーが蘇る

  4. ユービーアイがVRやクラウドゲームに関する事業の拡張を発表ー背景には株主の存在か

  5. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  6. 「Mt:G」コンピューターゲーム新作『Magic: The Gathering - Arena』発表!―詳細公開は9月に

  7. SAG-AFTRAのゲーム声優ストライキに合意の見通し―セッション回数によるボーナスやプロジェクトの内容の開示など

  8. デベロッパーの働きかけによりSteamがオーストラリアドルなど11の通貨に対応か

  9. 「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

  10. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

アクセスランキングをもっと見る

page top