GDC 07会場にて今年のGame Developers Choice Awardsが発表! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 07会場にて今年のGame Developers Choice Awardsが発表!

ゲーム開発者の国際組織IGDAによる[b]Game Developers Choice Awards[/b]の発表が、今年もGDCの会場にて行われました。今回ベストゲームを受賞したのは、やはり[b]Gears of War[/b]で合計3部門を獲得。また、本日基調講演を行った任天堂の宮本氏が、既報どおり生涯

ゲーム文化 その他
[size=x-small]パイプ椅子がなんともカジュアルな雰囲気ですが、いつかはきっとアカデミー賞!?[/size]


ゲーム開発者の国際組織IGDAによる[b]Game Developers Choice Awards[/b]の発表が、今年もGDCの会場にて行われました。今回ベストゲームを受賞したのは、やはりGears of Warで合計3部門を獲得。また、本日基調講演を行った任天堂の宮本氏が、既報どおり生涯功労賞を贈られています。


・ベストゲーム大賞

Gears of War
・Okami(大神)
・The Elder Scrolls IV: Oblivion
・The Legend of Zelda: Twilight Princess(トワイライトプリンセス)
・Wii Sports(Wiiスポーツ)

また、各部門のノミネートと受賞作品は以下のようになっています。(一番上の太字が受賞作品)

・オーディオ部門

Guitar Hero II
・Company of Heroes
・DEFCON: Everybody Dies
・Lara Croft Tomb Raider: Legend
・LocoRoco(ロコロコ)

・ビジュアル部門

Gears of War
・Final Fantasy XII(ファイナルファンタジー12)
・Okami(大神)
・The Elder Scrolls IV: Oblivion
・Viva Piñata

・脚本部門

The Legend of Zelda: Twilight Princess(トワイライトプリンセス)
・Bully
・Dreamfall: The Longest Journey
・Sam & Max Episode 1: Culture Shock
・The Elder Scrolls IV: Oblivion

・ゲームデザイン部門

Wii Sports(Wiiスポーツ)
・Bully
・Okami(大神)
・The Elder Scrolls IV: Oblivion
・Viva Piñata

・キャラクターデザイン部門

Okami(大神)
・Final Fantasy XII(ファイナルファンタジー12)
・LocoRoco(ロコロコ)
・Rayman Raving Rabbids
・Viva Piñata

・技術部門

Gears of War
・Company of Heroes
・Dead Rising(デッドライジング)
・Rockstar Games presents Table Tennis
・Wii Sports(Wiiスポーツ)

・新人スタジオ部門

Iron Lore Entertainment (Titan Quest)
・Gastronaut Studios (Small Arms)
・Naked Sky Entertainment (RoboBlitz)
・Ready At Dawn Studios (Daxter)
・Wadjet Eye Games (The Shivah)

・イノベーション部門 (共同受賞)

Line Rider
Okami(大神)
Wii Sports(Wiiスポーツ)

また個人部門は先月明らかになっていましたが、特別名誉賞としてLiftetime Achievement Award(生涯功労賞)に任天堂の宮本茂氏が(ようやく)選ばれたほか、変わった所だとFirst Penguin Award(ファーストペンギン=最初に海に飛び込んだ勇気ある人賞)として、テトリスで有名なAlexey Pajitnov氏が、Maverick Award(一匹狼賞)には、テーブルゲームのデザイナーとしても知られ、ダウンロード販売の[url=http://www.manifestogames.com/]ManifestoGames[/url]を立ち上げたGreg Costikyan氏に与えられています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamechoiceawards.com/winners/]Game Developers Choice Awards[/url])[/size][size=x-small] (イメージ: [url=http://kotaku.com/gaming/gdc07/gdc07-liveblogging-the-gdcawards-242496.php]Kotaku[/url])[/size] 

ちなみにこの賞は2001年度のGDCから行われていて(年初に行われるため、大抵の賞や発売年度と1年ズレています)
、歴代の大賞作品は今回を含めて順に

2001:The Sims
2002:Grand Theft Auto III
2003:Metroid Prime
2004:Star Wars:Knights of the Old Republic
2005:Half-Life 2
2006:Shadow of the Colossus(ワンダと巨像)
2007:Gears of War

またLifetime Achievement Awardの受賞者は、以下のようになっています。

第1回:Will Wright (Maxis: Sim City)
第2回:中 裕司 (Sega: Sonic the Hedgehog)
第3回:横井 軍平 (Nintendo: Donkey Kong, Game Boy)
第4回:Mark Cerny (Atari: Marble Madness, Sony: Crash Bandicoot)
第5回:Eugene Jarvis (Williams: Defender, Robotron)
第6回:Richard Garriott (Origin: Ultima)
第7回:宮本 茂 (Nintendo: Super Mario Bros.)

【関連記事】
GDC Awardsノミネート作品が発表。『Gears of War』や『大神』などがノミネート
今年を振り返る:2006年の『Game of the Year』に輝いたゲームをまとめ!
Gamasutraによる、2006年の最も重要なゲームが発表
米Spike TV Video Game Awards 2006の受賞作品が発表『Oblivion』他
《Miu》
【注目の記事】[PR]

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』で最も現実的なMod?物語導入で避難が間に合わず、核爆発に巻き込まれてしまう「More Realistic Intro」

    『Fallout 4』で最も現実的なMod?物語導入で避難が間に合わず、核爆発に巻き込まれてしまう「More Realistic Intro」

  2. 【コスプレ】新たな潮流となるか『NIKKE』、『FGO』『NieR』も健在!「acosta!@福岡PayPayドーム」美女レイヤー5選【写真20枚】

    【コスプレ】新たな潮流となるか『NIKKE』、『FGO』『NieR』も健在!「acosta!@福岡PayPayドーム」美女レイヤー5選【写真20枚】

  3. “丸が三つ”はやはりタブーか…『Fallout 76』登場アーマーの没デザインにあのキャラクターの影

    “丸が三つ”はやはりタブーか…『Fallout 76』登場アーマーの没デザインにあのキャラクターの影

  4. 就業中のゲームプレイを理由に解雇されかけた労働組合員―事件解決のカギはグラフィックボードの性能だった

  5. アメリカ銃乱射事件を救った“英雄”がk4senにそっくりすぎ!本人も称賛「俺なら逃げてます」

  6. 高速で敵を倒していくオールドスクールFPS『Dread Templar』日本語対応で正式リリース!

  7. 医療シム『Negative Atmosphere: Emergency Room』無料で早期アクセス開始―UE5でのゴア表現を磨くための技術デモ

  8. 開発期間6時間!?制作にAIを駆使した本格ファンタジーカードゲーム『Spell Siege』発表

  9. 6年ぶりの『龍が如く』キャバ嬢オーディションに、出身・職業・性別を超えた個性が集結─多彩さを声高に叫ばない姿勢に見る「多様性」

  10. 少しオトナっぽい『ライザ』の「百夏の礼装」フィギュアにドキッ!肩や背中はセクシーなシースルー仕様

アクセスランキングをもっと見る

page top