GDC 07会場にて今年のGame Developers Choice Awardsが発表! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 07会場にて今年のGame Developers Choice Awardsが発表!

ゲーム文化 その他

[size=x-small]パイプ椅子がなんともカジュアルな雰囲気ですが、いつかはきっとアカデミー賞!?[/size]


ゲーム開発者の国際組織IGDAによる[b]Game Developers Choice Awards[/b]の発表が、今年もGDCの会場にて行われました。今回ベストゲームを受賞したのは、やはりGears of Warで合計3部門を獲得。また、本日基調講演を行った任天堂の宮本氏が、既報どおり生涯功労賞を贈られています。


・ベストゲーム大賞

Gears of War
・Okami(大神)
・The Elder Scrolls IV: Oblivion
・The Legend of Zelda: Twilight Princess(トワイライトプリンセス)
・Wii Sports(Wiiスポーツ)

また、各部門のノミネートと受賞作品は以下のようになっています。(一番上の太字が受賞作品)

・オーディオ部門

Guitar Hero II
・Company of Heroes
・DEFCON: Everybody Dies
・Lara Croft Tomb Raider: Legend
・LocoRoco(ロコロコ)

・ビジュアル部門

Gears of War
・Final Fantasy XII(ファイナルファンタジー12)
・Okami(大神)
・The Elder Scrolls IV: Oblivion
・Viva Piñata

・脚本部門

The Legend of Zelda: Twilight Princess(トワイライトプリンセス)
・Bully
・Dreamfall: The Longest Journey
・Sam & Max Episode 1: Culture Shock
・The Elder Scrolls IV: Oblivion

・ゲームデザイン部門

Wii Sports(Wiiスポーツ)
・Bully
・Okami(大神)
・The Elder Scrolls IV: Oblivion
・Viva Piñata

・キャラクターデザイン部門

Okami(大神)
・Final Fantasy XII(ファイナルファンタジー12)
・LocoRoco(ロコロコ)
・Rayman Raving Rabbids
・Viva Piñata

・技術部門

Gears of War
・Company of Heroes
・Dead Rising(デッドライジング)
・Rockstar Games presents Table Tennis
・Wii Sports(Wiiスポーツ)

・新人スタジオ部門

Iron Lore Entertainment (Titan Quest)
・Gastronaut Studios (Small Arms)
・Naked Sky Entertainment (RoboBlitz)
・Ready At Dawn Studios (Daxter)
・Wadjet Eye Games (The Shivah)

・イノベーション部門 (共同受賞)

Line Rider
Okami(大神)
Wii Sports(Wiiスポーツ)

また個人部門は先月明らかになっていましたが、特別名誉賞としてLiftetime Achievement Award(生涯功労賞)に任天堂の宮本茂氏が(ようやく)選ばれたほか、変わった所だとFirst Penguin Award(ファーストペンギン=最初に海に飛び込んだ勇気ある人賞)として、テトリスで有名なAlexey Pajitnov氏が、Maverick Award(一匹狼賞)には、テーブルゲームのデザイナーとしても知られ、ダウンロード販売の[url=http://www.manifestogames.com/]ManifestoGames[/url]を立ち上げたGreg Costikyan氏に与えられています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamechoiceawards.com/winners/]Game Developers Choice Awards[/url])[/size][size=x-small] (イメージ: [url=http://kotaku.com/gaming/gdc07/gdc07-liveblogging-the-gdcawards-242496.php]Kotaku[/url])[/size] 

ちなみにこの賞は2001年度のGDCから行われていて(年初に行われるため、大抵の賞や発売年度と1年ズレています)
、歴代の大賞作品は今回を含めて順に

2001:The Sims
2002:Grand Theft Auto III
2003:Metroid Prime
2004:Star Wars:Knights of the Old Republic
2005:Half-Life 2
2006:Shadow of the Colossus(ワンダと巨像)
2007:Gears of War

またLifetime Achievement Awardの受賞者は、以下のようになっています。

第1回:Will Wright (Maxis: Sim City)
第2回:中 裕司 (Sega: Sonic the Hedgehog)
第3回:横井 軍平 (Nintendo: Donkey Kong, Game Boy)
第4回:Mark Cerny (Atari: Marble Madness, Sony: Crash Bandicoot)
第5回:Eugene Jarvis (Williams: Defender, Robotron)
第6回:Richard Garriott (Origin: Ultima)
第7回:宮本 茂 (Nintendo: Super Mario Bros.)

【関連記事】
GDC Awardsノミネート作品が発表。『Gears of War』や『大神』などがノミネート
今年を振り返る:2006年の『Game of the Year』に輝いたゲームをまとめ!
Gamasutraによる、2006年の最も重要なゲームが発表
米Spike TV Video Game Awards 2006の受賞作品が発表『Oblivion』他
《Miu》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断

    全年齢向けノベル『いえのかぎ』Steamから削除―“ペドフィリアをターゲット”と判断

  2. リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!

    リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが『RUINER』のテレビ放送権を獲得!

  3. 「The Game Awards 2017」配信視聴者は昨年の3倍に!―その他様々な統計情報が公開

    「The Game Awards 2017」配信視聴者は昨年の3倍に!―その他様々な統計情報が公開

  4. 『オーバーウォッチ』冬イベント「ウィンター・ワンダーランド 2017」が開催!―新バトルも登場

  5. 狂気の顔面シム『Normal Human Face Simulator』降臨―閲覧注意の喰いちぎりバトル

  6. ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース

  7. 『ウィッチャー』ドラマ版にネトフリ「デアデビル」「ザ・ディフェンダーズ」脚本家が参加

  8. PSXが閉幕!まるでテーマパークだった会場のアトラクションを紹介【PSX17】

  9. トレーサーやガンダムも登場! 新作映画「レディ・プレイヤー1」国内向け予告編公開

  10. 『Owlboy』のアーティストが手がける『ロックマン』!FC風ファンアートが公開に

アクセスランキングをもっと見る

page top