2008年以降Xbox360の初代Xboxタイトルへの互換対応は減少する? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2008年以降Xbox360の初代Xboxタイトルへの互換対応は減少する?

[b][/b] マイクロソフトのChris Satchell氏はGDC 07のBlogger Breakfastで、2008年以降初代Xboxタイトルへの互換対応が減らされると発言しました。

家庭用ゲーム Xbox360

マイクロソフトのChris Satchell氏はGDC 07のBlogger Breakfastで、マイクロソフトにはまだ互換性に取り組んでいるチームがあることを述べつつも、彼らがそれをずっと続けるわけではないと伝えました。また以下のようにも述べています。




いつか互換性への対応は縮小するでしょう。多くの360ゲームが控えており、今年の終わりには互換性への対応が減らされます。私はそれがもう重要かどうかわかりません。


この発言を受けて[url=http://gizmodo.com/gadgets/home-entertainment/xbox-360-backward-compatibility-development-ramping-down-after-07-242775.php]情報元[/url]のコメント欄では以下のような嘆きも出ています。


[i]私はXbox360で遊んで欲しい初代Xboxタイトル多くあります。[/i]



[i]彼らがPanzer Dragoon Ortaに互換性を持たないのであれば、私は360を売ってPS3を買う。[/i]



[i]Wow、私は驚いた。顧客をサポートしないMS。[/i]


私も[b]Jet Set Radio Future[/b]が対応されないままだったらヤダヤダ!という感じです。まぁ初代XboxのGPUがnVidiaのものであったのに対し、Xbox360ではGPUがATIのものに変更されたためエミュレーションが困難な部分があるので仕方がないとは思いますが・・・。これじゃあXbox360を購入してもXboxを片付けられないですね。

[size=x-small](ソース: [url=http://gizmodo.com/gadgets/home-entertainment/xbox-360-backward-compatibility-development-ramping-down-after-07-242775.php]GIZMODO[/url])[/size]
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』の新展開はまだ続く…4つの消えない「裂け目」がウェイリング・ウッズ地下に出現

    『フォートナイト』の新展開はまだ続く…4つの消えない「裂け目」がウェイリング・ウッズ地下に出現

  2. ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

    ヴァニラウェア最新作『十三機兵防衛圏』発売時期が未定に、PS Vita版は開発中止

  3. 発売直前『シェンムー I&II』詳細なゲーム内容が公開―あの名作をもう一度

    発売直前『シェンムー I&II』詳細なゲーム内容が公開―あの名作をもう一度

  4. 「Xbox Game Pass」Xbox日本公式サイトに登場!―日本国内でのサービス開始目前か【UPDATE】

  5. 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!

  6. 『レインボーシックス シージ』週末フリーウィークエンド開催! 期間限定セールも実施

  7. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  8. PS3『プレイステーション オールスター・バトルロイヤル』のオンラインサービス終了が延期へ―『WARHAWK』なども

  9. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. Xbox One本体アップデートでマウス・キーボード正式サポート!『フォートナイト』でも使用可能

アクセスランキングをもっと見る

page top