動画特集『Super Mario Galaxy』2プレイ対応でルイージ復活…は、やっぱ無し? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

動画特集『Super Mario Galaxy』2プレイ対応でルイージ復活…は、やっぱ無し?

家庭用ゲーム Wii



実に5年ぶりとなる箱庭プラットフォームアクションに帰ってきた、我らがマリオの本業[b]Super Mario Galaxy[/b](スーパーマリオギャラクシー)。米国任天堂のサイトでは[url=http://wii.nintendo.com/software_mariogalaxy.jsp]公式ページ[/url]も準備され、プレイヤー数が1-2人と記載されているようです。もっとも二人プレイヤーでも、ルイージの座が確保されているかどうか怪しい昨今ではありますが、どうやらやはり…?



これについて、だいぶ前の[url=http://wii.ign.com/articles/707/707869p1.html]IGNとのインタビュー[/url]で任天堂の手塚卓志氏は、協力プレイを検討していると既に発言しており、詳細は未だ不明なものの当時の話だと、どうやらもう一人のプレイヤーがマリオを助けるような形でのマルチプレイになるみたい。(GCの風のタクトにも一応そんなモードが…)

[size=x-small]こちらはGDC 07で公開された最新トレイラー。懐かしくも新しい、いい感じになってきました。[/size]


ところで、マリオサンシャイン以来実に久々の3D本編?となる今度のマリオ、プレイヤー人数よりも気になる疑問ですが、この"Galaxy"ってば結局どの程度宇宙を自由に飛びまわれるんでしょうね。

箱庭アクションのファンには、発表時から[url=http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&inlang=ja&c2coff=1&q=%22Mad+Space%22+%22Mario+Galaxy%22&lr=lang_ja]気になってる方[/url]も少なくなかったと思いますが、このゲームSegaが2001年に出したSonic Adventure 2の1ステージに雰囲気がやたらと良く似ています。

あのあたりからソニックは少々凡庸なゲームになってしまいましたが、ちょうど星の王子さまのような世界で、固有の重力圏をもった(丸い)小惑星の間を自由に飛びまわってアイテムを探しだす1ステージ(その名もMad Space)は、非常に面白くて当時から印象に残るものでした。

[size=x-small]ちょっとわかりにくいですが、こんな感じ…。小惑星の上では重力は中心に向かって働きます。[/size]


ビデオゲームにアナログスティックと固有の3D空間をもたらし、世界中の開発者に衝撃を与えた前々作のマリオ64。その後、海外ではTony HawkシリーズやGTAの大ヒットが続き、箱庭の規模は目を見張るほど大きくそしてリアルになりました。

最近だとCrackdownで、本編そっちのけでアイテム探しにビルからビルへ超人ジャンプするのに[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=1451]ハマっていた方[/url]も多いと思いますが、もし今度の新しいマリオで星から星へシームレスに宇宙空間を飛び回れたら、そのギャラクシーの名前どおりある種"究極の箱庭ゲーム"とも呼べそうです。

[size=x-small]そのネーミングもあって、当時話題となったマリオ128。結局ソフトとして発売されることはありませんでしたが…[/size]


宮本氏による先日のGDC基調講演では、GameCube登場時にデモとしても公開されたあの"Mairo 128"の発展でもあるんだそうで、なんだか日本では最近肩身の狭い3Dマリオファンにとって、これは久々に新しいプレイ体験ができそうで期待してしまいますね。発売が待ち遠しい!
[size=x-small](ソース: [url=http://gamersreports.com/news/5242/2-players-confirmed-for-mario-galaxy/]GamersReports[/url])[/size]

【関連記事】
『スーパーマリオギャラクシー』宮本茂氏が年内リリースを匂わす発言@GDC 07
『スーパーマリオギャラクシー』マリオの声優がゲームを絶賛!
『Most Wanted Games』2007年に期待のゲームトップ10: Wii編

俺の街で大暴れ?『Crackdown』をプレイしすぎて、夢に見てしまう人たち…
なんて広さだ!『Crackdown』マップ端までの距離・・・・泳いで15分

(C) Nintendo. All rights reserved.
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

    【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

  2. 『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

    『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

  3. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

    期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

  4. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  5. 本格レースシム『Project CARS 2』がPS4/Steamで国内向けに発売

  6. 【TGS2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

  7. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

  8. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  9. 近日より『オーバーウォッチ』ライバルプレイの罰則が強化―3回のシーズンBANで永久BANに

  10. 【TGS2017】ロボサバイバルACT『LEFT ALIVE』トレイラー!生きるのか、生かされるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top