宮本茂氏がインタビューでPS3『Home』についてコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宮本茂氏がインタビューでPS3『Home』についてコメント

家庭用ゲーム PS3


ゲーム業界にも精通するジャーナリスト、ディーン・タカハシ氏によるインタビューで宮本茂氏がPLAYSTATION Networkの新サービス[b]Home[/b]についてコメントしました。




彼らがしている事はすでにPCの中に1つの形として存在しています。
我々は焦点を常に違った方向に向け、何か違うことをしようとしています。たとえMiiがインターネット技術を利用するとしても、それは我々の主な焦点ではありません。

宮本氏は軽いジャブを入れつつ任天堂の独創性を強調しました。確かにHomeは[url=http://ja.wikipedia.org/wiki/Second_Life]Second Life[/url]とイメージが似ている部分もありますが、家庭用ゲーム機でお手軽に扱えると言う点は評価できると思います。しかしながらニンテンドーDSのタッチペン操作やWiiのWiiリモコン+ヌンチャクの操作などを実現させてきた任天堂ゆえに、宮本氏の

我々は何か違ったことをして、今までそこに無かった何かを作ろうとしています。

という言葉には説得力がありますね。

[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/03/19/miyamoto-talks-user-generated-content-critical-of-ps-home/]Joystiq[/url])[/size]

【関連記事】
PS3『Home』ベータテストは4月から。さらなる詳細が明らかに
PS3『Home』デモンストレーション映像&ベータ受付けページも開設
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

    日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

  2. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

    PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  3. 『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

    『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

  4. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

  5. ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

  6. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  7. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  8. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『ロケットリーグ』、『フォートナイト』方式のコンテンツシステム「ROCKET PASS」を導入へ

  10. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

アクセスランキングをもっと見る

page top