4000MSPが市販される?価格は$49.99・・ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

4000MSPが市販される?価格は$49.99・・

家庭用ゲーム Xbox360

[url=http://www.circuitcity.com/ssm/Microsoft-Xbox-Live-4000-Points-Card/sem/rpsm/oid/177268/catOid/-16534/rpem/ccd/productDetail.do]海外の一部通販ストア[/url]で、[b]4000MSP(マイクロソフトポイント)[/b]が販売されているとのことです。しかし、マイクロソフト側からの正式発表などはなく、これまた贋物かも知れません。ただ、海外では市販で出回っているのは1600MSPしかありませんので、あってもおかしくはないのですが?


疑惑(?)のシロモノは写真の通り。

明らかに[b]4000MSP[/b]ということが分かります。でも市場競争の中での原則は、正式リリースされたものを陳列するのが当たり前です。しかも価格が$49.99(約6,000円)の値付けもされています。1MSP当たり約1.5円計算なので、妥当な価格ではありますが。

正式リリース前のフライング販売なのか、それとも単なる贋物なのか、はたまたデザインの誤りなのか。この件が真実であれば、もう少し情報が欲しいところです。ちなみに日本では4000MSPというものは存在せず、クレジットカード決済で5000MSPが最高の入手額です。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.xbox360fanboy.com/2007/04/07/4000-microsoft-points-cards-coming-soon/]XBOX360 FANBOY[/url],[url=http://www.circuitcity.com/ssm/Microsoft-Xbox-Live-4000-Points-Card/sem/rpsm/oid/177268/catOid/-16534/rpem/ccd/productDetail.do]Circuit City[/url])[/size]

【関連記事】
『The Elder Scrolls IV: Shivering Isles』XBLMで間もなく配信
『The Elder Scroll: Oblivion』追加コンテンツ:Knights of the Nine配信

(C)Microsoft
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

    『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

  2. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

    『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  3. 『Need for Speed Payback』Lethal Bizzleがマクラーレンでドリフト挑む神業映像

    『Need for Speed Payback』Lethal Bizzleがマクラーレンでドリフト挑む神業映像

  4. 【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

  5. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  6. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  7. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

  8. 『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

  9. 海底SFホラーADV『SOMA』敵の脅威が無くなる“Safe Mode”が実装に―XB1版も海外で予約開始

  10. 『レインボーシックス シージ』新シーズン到来が予告―「下を見てはいけない」

アクセスランキングをもっと見る

page top