シネマティック&リアル!な『WarDevil』公式サイトオープン | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

シネマティック&リアル!な『WarDevil』公式サイトオープン

E3でテクノロジーデモという形式で公開されたWarDevil project。しばらく音沙汰がなかったのですがこの度公式サイトがオープン。まだまだこれからといったところですが、これから徐々に詳細が明らかになるでしょう。[b]PS3[/b]ユーザーの方には注目のタイトルになり

家庭用ゲーム PS3


E3でテクノロジーデモという形式で公開された[b]WarDevil[/b] project。しばらく音沙汰がなかった本作ですが、この度[url=http://www.wardevil.com/]公式ティーザーサイト[/url]が開設されました。ティーザーサイトの中身はまだまだこれからといったところで、公開されている内容はテスト段階の既出のもの。これからさらに洗練されていきそう。ここでは現時点で公開されている情報をいくつお伝えします。[b]PS3[/b]ユーザーの方には注目のタイトルになりそうですよ。




こちらが以前に公開されたデモ。ワイアーフレームからテクスチャ、RTEエンジンによる加工の行程を見せる動画です。開発のDigi-Guysイチオシのエンジン[b]RTE1080[/b]はフルHDのハイエンドモデル。プリレンダーのグラフィックを究極まで磨き上げ映画に近づけるために開発されました。リアルタイムな画面深度、ダイナミックモーションブラー、現実のカメラの動きをシミュレートするカメラFXなどの能力を携えたエンジンです。







一枚目のスクリーンショットの人物が主人公です。このWarDevil、かつてはXbox360版もあったようですが現在はPS3独占供給となっています。その正式タイトルはWarDevil: EnigmaなのかWarDevil: Unleash the Beast WithinなのかそれともWarDevilなのかまだはっきりとしていません。初公開からずいぶんと時間がたっているタイトルですが、今年中には発売を期待できるかも。Uncharted: Drake's FortuneKillzone 2と同様に、PS3の性能を引き出すことを志向している作品であるといえるでしょう。

[size=x-small](ソース: [url=http://www.psu.com/node/10243]PSU[/url]) [/size]

(c)&TM 2003-2006 Digi-Guys Ltd.All rights Reserved.
《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS Plus」2月提供の4タイトル発表!『マフィア コンプリート・エディション』『SAO アリシゼーション リコリス』など

    「PS Plus」2月提供の4タイトル発表!『マフィア コンプリート・エディション』『SAO アリシゼーション リコリス』など

  2. 受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

    受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

  3. PS5からDiscord参加も可能に!PS5システムソフトウェアのベータ版配信ー1440p解像度でのVRR対応など新機能追加

    PS5からDiscord参加も可能に!PS5システムソフトウェアのベータ版配信ー1440p解像度でのVRR対応など新機能追加

  4. 『ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク』が販売本数1,100万本を達成!クレイトスもうれしそうにハートマークをキメる

  5. PS5が起動しなくなる不具合について『サムライメイデン』との因果関係は認められず―1カ月以上の調査の結果

  6. 『Dead by Daylight』「スポーツマンシップにそぐわない行動」へのBAN期間が変更へ

  7. PS5内蔵のACT『ASTRO's PLAYROOM』インプレ―DualSenseの「手触り」がもたらす新たな没入感

  8. Xbox Series X|Sが2月17日より国内で5,000円値上げへ…昨年8月には「値上げ予定なし」との解答も、半年で値上げに踏み切り

  9. 2023年はPS5がやっと手に入るように?SIEが供給量の増加をアナウンス―注目タイトル満載の新CMも公開

  10. スイッチ『SEGA AGES アウトラン』配信決定!金髪の美女を乗せてヨーロッパをドライブしよう

アクセスランキングをもっと見る

page top