全然違ウ!海外版カバーアート『暴れん坊天狗』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『暴れん坊天狗』

PC Windows

国内版と海外版のカバーアートの違い…それはそのまま文化の違いです。ダウンタウン熱血物語では、日本の不良という文化、白ランや長ランといった文化が理解されなかった結果、ジーパンに白いTシャツというアメリカンヤンキーにすり替わってしまった悲劇?に繋がりました。今回ご紹介するのはジャパニーズクリーチャー、天狗が主役の横スクロールシューティング、[b]暴れん坊天狗[/b]です。



天狗の面が自機というハイセンスなこのゲームは、コアなファンを今も抱える愛すべきゲームです。Meldacという会社に聞き覚えのある方もいるかもしれません。その一方で、カバーアートはゲーム画面のパッチワークという比較的シンプルなもの。


文化の違いはローカライズにおいて思わぬ事態を引き起こします。



ゾンビネイション!!イカしたタイトルの主役はどう見てもゾンビです!天狗はどこに行ったのでしょうか…。ちなみに、ゾンビの後ろにさりげなく控える落ち武者がこのゲームの主役。彼は文字通り“Namakubi”と呼ばれます。彼もゾンビです。

[size=x-small]海外版:落ち武者/国内版:天狗[/size]


天狗という日本の民話はこの時代の海外には敷居が高すぎたのかもしれません。このZombie Nation、ゾンビとなったSamuraiがゾンビになった人々を救うというシナリオで、けっしてバイオハザードの先例ではありません。もともと国内版の「暴れん坊天狗」が、天狗の面がアメリカを救うという設定だそうで、それをより認知度の高いSamuraiにしたのは理に適っているのかもしれません。

カバーアートの変化は著しいですが、国内版からしてかなりキレた内容だっただけに?ゲーム自体にはそれほど手を加えなかったようです。とりあえずカバーアートに関しては、現在の基準で言えばZ指定をもらえると思いますがどうでしょうか。

[size=x-small](イメージ: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Zombie_Nation_%28video_game%29]Wikipedia[/url])[/size]

【関連記事】
本物のショッピングモールでデッドライジングごっこに挑戦…
Wii Sportsのライバル?モーションセンサーを利用した携帯ゲーム『MobZombies』
アーケードのシューティング『雷電IV』がXbox360で発売の可能性

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧
《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

    90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

  2. 死のトラップを駆け抜ける物理演算ACT『Guts and Glory』正式リリース! 海外コンソール版も発売

    死のトラップを駆け抜ける物理演算ACT『Guts and Glory』正式リリース! 海外コンソール版も発売

  3. 光学技術/メカニカルスイッチ採用ゲーミングキーボード「Razer Huntsman/Huntsman Elite」国内発売が決定

    光学技術/メカニカルスイッチ採用ゲーミングキーボード「Razer Huntsman/Huntsman Elite」国内発売が決定

  4. 新ヒーローも使える! PC版『オーバーウォッチ』の無料プレイが近日実施

  5. 美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

  6. 『レインボーシックス シージ』イヤー3シーズン2.2のデザイナーズノートが公開―近日変更予定の一覧も

  7. ビル運営シム『Project Highrise』新DLC配信とともに日本語対応!

  8. 『マインクラフト Java Edition』新バージョン1.13“Update Aquatic”配信!海底遺跡や難破船などが追加

  9. 『オーバーウォッチ』サポートヒーローの調整案が公開―まずはPTRに実装

  10. バトロワシューター『The Culling 2』わずか9日で販売終了へ―開発は新たに前作初期バージョンをF2Pとして展開

アクセスランキングをもっと見る

page top