第2の拡張パックはアジア上陸!『Age of Empires III: The Asian Dynasties』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

第2の拡張パックはアジア上陸!『Age of Empires III: The Asian Dynasties』

PC Windows



RTSの定番シリーズに、嬉しい2個目のエクスパンションが発表となりました。War Chiefsの新大陸に続き、今度の舞台は待望のアジア!開発は、これまでのEnsemble Studiosから、Rise of Nationsや最近Catanなどもリリースして好評のBig Huge Gamesへバトンタッチ。シリーズでおなじみのサムライや亀甲船も、とうとうフルポリゴン化!?

RTSのRise of NationsやRise of Legendsはもちろん、今でも名作と名高いCivilization 2やAlpha Centauri時代からリードデザインを取り、PCのストラテジーファンにはおなじみのBrian Reynolds氏は言います。



「リアルタイムストラテジージャンルにおける、Big Huge Gamesの確かな経験とAge of Empiresシリーズの高い名声がひとつとなることは、ゲーマーにとって新鮮な、そしてユニークなものをもたらすことでしょう」

プレイアブルなアジア文明に加え、この拡張パックでは新たな勝利条件や交易手段を含む、独自のプレイ要素を備えます。初期のAge of Empiresスタイルを取り入れたランダムマップ機能や、15の新しい"Wonder"(象徴)。これら新要素の導入は、ゲーマーに愛されたAge of Empire IIIのゲームプレイに、ぴたりと一致したものとなることでしょう。また、Age of Empires III: The Asian DynastiesはGames fo Windowsタイトルとして、より簡易なインストール、改善された信頼性やGame Explorerなどを含むWidows Vistaの機能をサポートして発売されます。


それで、肝心のアジアン文明はどこが入ってるの?ということですが、なぜか今回は明らかにされず。1枚だけ公開されたスクリーンショットを見ると、例によって日本なんだか中国なんだか、ちと怪しい感じではありますが、なんといってもアジア専用の拡張パックなので、さすがに日本は入っていることでしょう。

ファンには懐かしくもある新要素に加え、AoE3の発売からは2年近くが経過して、かつてのハードウェア要件が相対的に軽くなっていることもあり、日本でも再びRTSの対戦が広く盛り上がるといいですね。もちろんVistaの他にWindows XPも対応、海外では今年秋の発売予定となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/05/18/age-of-empires-iii-goes-far-east-or-short-west-this-fall/]Joystiq: "Age of Empires III goes far east, or short west, this fall"[/url])[/size]

【関連記事】
海外レビューハイスコア『Age of Empires III: The WarChiefs』
『Age of Empires III: The WarChiefs』のデモがリリース

XBLA:『Catan』『Centipedo & Millipedo』の2本が5月2日配信予定
『Halo Wars』開発は順調 “極めて洗練された”プレイアブル状態
WWIライブ速報:Blizzardの新作タイトルは『StarCraft 2』に!

(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 美少女ガンシューティングゲーム『ぎゃる☆がん2』PC版がSteam/DMM配信開始!

    美少女ガンシューティングゲーム『ぎゃる☆がん2』PC版がSteam/DMM配信開始!

  2. 農業生活シム『Stardew Valley』PC版マルチプレイヤー正式配信日発表!

    農業生活シム『Stardew Valley』PC版マルチプレイヤー正式配信日発表!

  3. 美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

    美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

  4. エイリアンと戦う武器は“現地製作”!弾幕飛び交うローグライトFPS『MOTHERGUNSHIP』プレイレポ

  5. Steamストアフロント拡張プログラム「Enhanced Steam」開発終了―2019年1月31日にサーバーも停止に

  6. 90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

  7. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  8. 新ヒーローも使える! PC版『オーバーウォッチ』の無料プレイが近日実施

  9. アジアンテイストな非対称対戦ホラー『Soul at Stake』が早期アクセス開始!

  10. 『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top