スクリーンショットだけ公開!『Metorid Prime 3 Corruption』詳細はまだ? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクリーンショットだけ公開!『Metorid Prime 3 Corruption』詳細はまだ?

普遍的な主観視点のゲームプレイに、Wiiリモコンの新たな操作感覚を引っさげ、Wiiユーザー期待の[b]Metoid Prime 3[/b]。長らく不透明な状態が続いていた発売日もようやく固まり、新たなスクリーンショットが5点だけ公開されました。Wii本体の発表当初から待っている

家庭用ゲーム Wii
[size=x-small]密かにタイトルロゴも新しく…[/size]


普遍的な主観視点のゲームプレイに、Wiiリモコンの新たな操作感覚を引っさげ、Wiiユーザー期待の[b]Metoid Prime 3[/b]。長らく不透明な状態が続いていた発売日もようやく固まり、新たなスクリーンショットが5点だけ公開されました。Wii本体の発表当初から待ってるファンにも、ようやく情報再開!?これまでの概要もあわせてどうぞ。













[b]新機能、特殊能力[/b]:
Wiiリモコンとヌンチャクコントローラを用い、たとえ空中や走りながらであっても、プレイヤーは華麗な技で狙いを付けたり打ち抜いたりすることが出来るのはもちろん、実際に腕の動きでものをつかんだりひっぱったりすることができます。

さらにゲームでは、フェイゾンに関する新たなゲームシステムを取り入れます。フェイゾンが一定レベル以上に達すると、サムスは一時的にハイパーモードとなり特殊な能力を使えるようになりますが、一方でフェイゾンが最大レベルを超えてしまうと、今度はサムスが倒れてしまうことになります。またメトロイドシリーズにおいて初めて、サムスの母艦が実際のゲームプレイで(大きく)利用されることとなるでしょう。


オフィシャルリリースより。残念ながら、マルチプレイヤーやオンラインについては未だ新しい情報ナシ。ハードと同時発売予定だったこともあってか、去年の時点ではオフラインのみという話もあったのですが、DS版や先に発売されるマリオストライカーズはWiiでもWi-Fiに本格対応するようなので、さすがにがんばって欲しいところ…

ちなみに、そんな最新情報や調整された操作感も明らかになりそうな、ただいま開催中のNintendo Media Summitですが、ソース先によるとどうやらまだ厳しいNDA下にある模様。任天堂からの大きなニュースや会場
でのインプレッションなんかは、もうしばらく待たないと明かせないんだって。

ようやく8月の発売が決まっただけに、さらなる情報はあとちょっとだけ我慢!?
[size=x-small](ソース&スクリーンショット: [url=http://kotaku.com/gaming/nintendo/gallery-metroid-prime-3-corruption-262539.php]Kotaku[/url])[/size]

【関連記事】
もう待ちきれない!?海外発売スケジュールが発表『Metroid Prime 3』は8月!
『Metroid Prime 3: Corruption』発売は6月以降に、品質向上のため
『メトロイドプライム3 コラプション』海外トレイラー

『メトロイド』シリーズ、ゼロスーツサムスのコンピレーション動画
ヘ…ヘイロイド?"マスターチーフvs.サムスアラン"夢の頂上対決ムービー
任天堂 宮本茂氏が本音の本音でゲームデザインを語る。海外誌インタビュー

(C) Nintendo Co., Ltd. Nintendo of America. Inc,. All rights reserved.
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  2. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. 【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

  6. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  7. 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

  8. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  9. モータースポーツ一色!アトラクション気分も楽しめそうなオーイズミ・アミュージオブースレポ【TGS2018】

  10. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

アクセスランキングをもっと見る

page top