とてもスピーディーな『Call of Duty 4: Modern Warfare』の動画5本 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

とてもスピーディーな『Call of Duty 4: Modern Warfare』の動画5本

PC Windows

2007年後半に登場予定となっている[b]Call of Duty 4: Modern Warfare[/b]のゲームプレイ1本、インタビュー4本の計5本の動画です。途中表示されるボタン表示などから、ゲームプレイ映像はXbox360版のものだということが分かります。



Lighting and Effects Interview



Vehicles and Weaponry Interview



Evolution of Shooters Interview



Military Advisor Interview



The Bog Rescue Gameplay



動画だけでもおなかいっぱいになりそうな映像ばかりですね。今回は現代戦ということもありレーザーサイトやナイトビジョンなど今までのCall of Duty シリーズでは見ることのできなかった装備が追加されています。またその装備を活かすような暗めのマップも登場するようです。ナイトビジョンを装着した時に複数の味方のレーザーサイトが棒状に延びている場面をみるといかにも[b]"現代戦"[/b]という感じがしますね。また暗い部分が増えたこともあり、ライティングには力入れているようです。

また今回から[b]"貫通"[/b]の要素も加わっており、銃弾が壁を貫通することもあるようです。動画中でも壁越しに敵を倒すシーンが含まれています。この要素により窓際などの戦闘は絶対安全ということが無くなるので緊張感が高まりますね。

それにしても家庭用機でここまで表現できるとは時代も進化したものです。一昔前は家庭用とPCとでは多少の隔たりがあったわけですがPS3やXbox360といった次世代機の登場により、FPSなどの処理能力の関係で家庭用ではあまり見られなかったタイトルが続々と登場するようになりました。多くの人がFPSというジャンルを知る機会が増えることはFPS好きとして嬉しいことですが、その反面家庭用向けに調整されてPCゲーム特有の濃さが無くなってしまうのではないかと心配もしてしまいますね。

話がずれてしまいましたが、とにかく本作のようなハイクオリティのゲームがお手軽に家庭用ゲーム機で遊べるようになったのは喜ぶべきことなのでしょう。CoDシリーズ最新作、Call of Duty 4: Modern Warfareは2007年後半に登場予定です。

【関連記事】
『Call of Duty 4』開発者インタビュー。クロスプラットフォーム対戦はNO!
天候の表現も素晴らしい『Call of Duty 4: Modern Warfare』最新スクリーンショット
『Call of Duty 4: Modern Warfare』更なる詳細
『Call of Duty 4: Modern Warfare』最新スクリーンショット14枚が公開
『Call of Duty 4』Game Informer誌のスキャン画像とプレビュー

Call of Duty 4: Modern Warfareの関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)Activision Publishing, Inc.
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. 自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

    自由度高すぎな3Dプロレスゲーム『Wrestling Revolution 3D』がSteam配信!

  3. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード海外映像!OBTも実施予定

  4. 週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

  5. 『ジャストコーズ3』PC英語版マルチプレイヤーModが無料配信開始!

  6. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  7. 『Wolfenstein II』TV風面白映像―ドイツ語が喋れなければ…「再教育!」

  8. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

  9. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  10. カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

アクセスランキングをもっと見る

page top