一体全体どうなっちゃうの?噂の『Sonic RPG』をBioWareに直撃インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

一体全体どうなっちゃうの?噂の『Sonic RPG』をBioWareに直撃インタビュー

先週あまりに予想外の組み合わせで世界のRPGファンを仰天させた、 BioWare の新作ソニックRPG(仮)。一体全体どんなゲームになるのか気になって仕方ない我らがIGNが、その誕生のいきさつを含めて直撃インタビューを敢行してくれました。なるほどSFCでマリオRPGを作

携帯ゲーム DS


先週あまりに予想外の組み合わせで世界のRPGファンを仰天させた、BioWareの新作ソニックRPG(仮)。一体全体どんなゲームになるのか気になって仕方ない我らがIGNが、その誕生のいきさつを含めてBioWareとSegaに直撃インタビューを敢行してくれました。

今日は、そこから気になる部分をご紹介。[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=2739]この前の第一報[/url]では音速が売り物のソニックでRPGだったり、BioWareでDSゲームというのがなかなか想像できませんでしたが、なるほどスーパーファミコンでマリオRPGを作った当時のスクエアみたいなもんだと思えば、結構イメージも沸いてくるかも!?



***** ***** *****




[b]IGN[/b]: ニワトリが先か卵が先か、まずBioWareのハンドヘルド部門はSonic RPGのために作られたのですか?それとも先に携帯機部門が作られた後で決まった話なのですか?

[b]Ray Muzyka[/b](BioWare CEO): 本当にDSのためにゲームを開発したかったので、専門のグループを作ることに決めました。ニンテンドーDSで素晴らしい作品を作るために本気でやっています。そのDSチームにとって、Sonic RPGこそ相応しい最初の製品だと感じました。僕らはソニックのキャラクターやシリーズの大ファンだし、RPGのプラットフォームとしてDSの大ファンなんです。

[b]IGN[/b]: Sonic RPGのアイディアは一体どこから始まったのでしょうか?Segaのコンセプトですか?それともBioWare側から生まれたのですか?

[b]Simon Jeffrey[/b](Sega of America社長): セガではこれまでのフランチャイズに何か新しいものを取り入れて、ソニックを再生させる必要を認識していました。ソニックにとってRPGこそは、これまでと全く異なる新鮮でワクワクさせるものだと感じられたのです。このゲームでBioWareのような有名なデベロッパーと仕事をする機会が、私達にとって今こそこのアイディアを具体化する絶好のチャンスに違いありません。

[size=x-small]「[url=http://ds.vggen.com/news/news.php?id=5475]Ahhh![/url] 落っこちるぞ?」 ソニックアドベンチャーより、前回の発表を伝える海外サイトの傑作な一枚……[/size]


[b]IGN[/b]: それではソニック初のRPGで、一体どんなものを期待できるのか、少しでも教えてください。これはその昔、SNESのマリオRPGでSquareが作ったようなゲームになるんでしょうか?

[b]Ray Muzyka[/b]: 具体的な特徴はまだなにも発表していませんが、僕ら自身DSはとても素敵なプラットフォームだと、いつもファンとして遊んでいました。まだ多くは語れませんが、DSの特徴の多くを利用することになるとはお話できます。これまでどんな革新的なことができるかいつも追求してきた他のBioWare作品と同様に、DSなら一体何が出来るかその限界を本気で押し広げたいのです。

中でもこのDS向け初のBioWare RPGでは、ディープでユニークなそして魅力的で愉快な体験が出来るよう打ち込んでいます。BioWareにはたくさんのソニックファンがいるし、みんな根っからのソニック好きなんですよ。自分なんか、ソニックの作者にサインしてもらったGenesis(メガドラ)を未だに持っていて、それを360やWiiやPS3と並べてつないでいるぐらい。こいつで主に遊んでいるのが、ソニック1や2なんです!

***** ***** *****


[size=x-small]こりゃまた懐かしい、スーパーマリオRPG国内版CM[/size]


RPGファン期待の[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=119-10142&kword=Mass Effect]Mass Effect[/url]や[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=1303]Dragon Age[/url]、さらに未発表のMMOプロジェクトなど手がける一方で、話題のDS向けが加わり今やRPGジャンルの全面展開を始めた感じのBioWare Corp。最近のお約束として、DS用にRPG以外のカジュアルゲームや、逆に[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Baldur%27s+Gate&kcatid=]Baldur's Gate[/url]などの大作タイトルを展開する可能性についても聞かれているのですが、今のところDS向けはこれに集中するようです。

この辺、海外のサードパーティではPC等のハイエンド相手に成功したフランチャイズを、携帯ハード向けにまで少々無理やり展開してしまうようなパターンが今でもよく見られますが、それに比べると今回の意外過ぎる組み合わせ、本体のターゲットにあったライセンスを使いオリジナルの新作タイトルというのも、なるほどむしろスマートな動きにだって思えてきそう。

BioWareにとって、ある意味一番野心的とも言える今回の挑戦が果たして吉と出るか凶と出るか。これまで歴史的にハンドヘルドユーザー相手のRPGほど、海外デベロッパーの経験が浅いジャンルも他にそうそうないだけに、これでうまく経験を積めば世界でもさらに一皮向けた存在にだってなれちゃうかも。発売はまだまだ先で、2008年中の予定。まずは早く、写真の一枚でも見せて欲しい!
[size=x-small](ソース: [url=http://ds.ign.com/articles/799/799672p1.html]IGN: "BioWare Chats Up the Hedgehog"[/url])[/size] [size=x-small](にゃんこ:[url=http://www.flickr.com/photos/37863296@N00/370675571/]Flckr[/url][/size] [size=x-small][url=http://lovefami.blog90.fc2.com/blog-date-200706.html]ファミっこぶろぐ[/url])[/size]

【関連記事】
今年最も意外なコラボ…BioWareのDS向け新作は、セガのソニック・ザ…RPG!?

DSが舞台!『Ninja Gaiden: Dragon Sword』板垣伴信氏インタビュー
気になる操作は?スタッフは?『NiGHTS: Journey of Dreams』海外インタビュー
GDC2007:RPGパネルセッション?世界のトップランナーがRPGを語る

数千人が行列…DSポケモン『Pokemon: Diamond, Pearl』ついにアメリカ上陸!
海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)
海外レビューハイスコア 『Sonic and the Secret Rings』(ソニックと秘密のリング)
猫大好きっ『World of Warcraft』♪

携帯機となっても大迫力!『Brothers In Arms: War Stories』ゲームプレイトレイラー
本家と同じくとっても過激!『Jackass: The Game』トレイラー
魂斗羅DS!『Contra 4』伝説のアクションシューティングがDSを舞台に新作登場
ルミネスDS!…じゃないらしい、ちょっと微妙なパズルゲーム『Luminator DS』

(C) SEGA Corporation. SEGA of America, Inc. All rights reserved.
(C) Square Enix Co,. Ltd. All rights reserved.




《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『毛糸のカービィ プラス』公式サイト&紹介映像公開!新要素が収録された体験版の配信もスタート

    『毛糸のカービィ プラス』公式サイト&紹介映像公開!新要素が収録された体験版の配信もスタート

  2. 『GOD EATER 2』生まれ変わった「銃形態」の詳細を紹介

    『GOD EATER 2』生まれ変わった「銃形態」の詳細を紹介

  3. “リアル”ワンちゃんの逆襲!?本物の犬がニンテンドッグスのソフトを破壊

    “リアル”ワンちゃんの逆襲!?本物の犬がニンテンドッグスのソフトを破壊

  4. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top