37インチのアクオス3台!夢の究極レースゲームコックピットが販売中… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

37インチのアクオス3台!夢の究極レースゲームコックピットが販売中…

その昔、3画面筐体のレースゲームやお尻がムズムズするボディソニックといえばアーケードで何度か登場したものですが、最近はちょっとご無沙汰気味。リアルすぎるほどリアルなレースゲームがお家で遊べるようになった今、最後に欲しくなるのはやっぱりこういうのか

家庭用ゲーム Xbox360



その昔、3画面筐体のレースゲームやお尻がムズムズするボディソニックといえばアーケードで何度か登場したものですが、最近はちょっとご無沙汰気味。リアルすぎるほどリアルなレースゲームがお家で遊べるようになった今、最後に欲しくなるのはやっぱりこういうのかも……。



こちらの製品(たぶん)を手がけているのは[url=www.vrx.ca]VRX Industries[/url]というカナダの企業。普段はレースゲームシミュレータ向けの[url=http://www.virtualracerx.com/products_pro.php]ドライビングシート[/url](椅子)等を手がけている同社の特注品で、結構前からXbox 360のForza Motorsport 2向けに登場していたようです。

ただいまの限定仕様モデルは、なんと37インチの豪華なシャープ製AQUOSが3台。眼前に広がる圧倒的な視界は、もはや実物大以上?その上さらにドライバーの手元についてるPSPみたいなものは、設置位置の調整可能なバックミラー専用モニター。これの為だけに本体とソフトがもう1セット必要になるので、合計4台のXbox 360本体がずらり。余裕のエリート仕様で並んでおります。



良く見ると他にもなぜか、HDD音楽プレイヤーのZuneやLiveビジョンカメラまでもがフル装備。シートには同社の特製1,500Wの大出力振動システムにパワーアンプ、ボーズ製のサラウンドシステムetc, etc……。こりゃ消費電力だけでも、一般家庭のブレーカーが耐えられないかも。




そしてこちらがForza 2開発元のTurn 10 Studiosに置かれたVRXシステム。少し型は違いますが、動いているところは後半からどうぞ。まるで吸い込まれそうな3画面の臨場感はもちろんのこと、こうしてみるとバックミラーもなかなかよさげ。サブウーファーから強烈に増幅されたバイブレーションとも相俟って、[url=http://blog-forza.spaces.live.com/Blog/cns!E4B0C98B54356E96!357.entry]相当な臨場感[/url]だそうな。うーん、一度でいいから乗ってみたい!

こうした家庭用ゲーム機ベースのものだと、日本でもGT4を使ったスバル製の[url=http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040109/as12.htm]体感筐体バージョン[/url]が、一時期モーターショーなどでプレイできたものです。画面こそ小さいですが、こちらはシートごとかなり激しく傾くのでラリーカーが凄かった……。

ちなみに今回のVRX社製基本モデルは、筐体だけでお値段$2,500から$5,000(約57万円)也。この上モニターや本体まで全部セットになった究極のコックピット一式、果たしていくらになるものやら。どうしても自分の部屋に1台置きたくなってしまったという方や、ちょっとこれで商売を思いついたなどという方も、まずは[url=http://www.virtualracerx.com/index.php]同社のサイト[/url]から連絡をお待ちしているそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.vrx.ca/new_products.php]"Introducing The Worlds Most Advanced Racing and Entertainment Simulator!"[/url])[/size]

 
【関連記事】
本日の一枚 『ゴージャス!一度はやってみたい、究極のレースゲーム環境』
『Forza Motorsport 2』自動アップデート内容&8月には新しいコンテンツが!
『Gran Turismo 5』、明らかになっている情報をまとめて紹介

海外レビューハイスコア番外編!『Xbox 360 Wireless Racing Wheel』
E3 07: 特製ハンドルとWi-Fi対戦!『マリオカートWii』発表動画と新着ショット
いつでもどこでもパーティOK!カナダを爆走してるらしいWii搭載ハッチバック

二人で46台のPCを使用してゲームをプレイ!超廃人セットアップ
デュアルコアは20%!Vistaは5%?Steamによる最新PCゲーマー環境調査が発表
PS3×3台!IBMによるリアルタイムレイトレーシングデモ動画






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

    PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  2. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  6. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  7. 『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】

  10. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

アクセスランキングをもっと見る

page top