Xbox 360に新パッケージ『Xbox 360 Arcade』?そしてコアはさようなら…? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox 360に新パッケージ『Xbox 360 Arcade』?そしてコアはさようなら…?

Game*Spark アップデート

[url=http://gamernode.com/upload/Article%20Image/arcade1187607239.jpg][/url]プレスイベントでのスライド画像らしいですが……(画像はクリックで拡大)


※8/21更新:一部記事に修正を加えています。誤解があった部分を訂正してお詫びいたします。

値下げ、新チップ、HDMIポート……。マイクロソフトおよび、Xbox 360周辺の慌ただしさはまだまだ続くようです。ベルギーのマイクロソフト関係者がGamerNodeへ向けた電子メールによれば、Xbox 360のCore(コアシステム)は段階的に市場から姿を消し、新たに[b]Arcade: Just Play' Pack[/b]として再リリースされるとのことです。ベルギーでのプレス向けイベントで発表されたこの新パックの画像も各サイトに出回っており、なんとなーく、というかかなり合成のような雰囲気のする箇所もありますが……。


この新パッケージ、アーケードパックには、まだ推定ながらUNO、パックマンを含む5つのXbox Live アーケードタイトル、256MBのメモリーカードが同梱され、279ユーロで販売されるということです。ヨーロッパで行われる値下げ後のコアシステムの価格も279ユーロ、ということで、これは実質的に値下げ第二弾ともとれそう。

さらに気になるところでは、HDMIポートの装備。先日公になったHDMIポートの標準装備のニュースで、コアシステムにはHDMIポートの追加予定はありませんでした。しかしこのアーケードパックにはHDMIポートが付くらしく、それが正しければコアシステムの使いまわしというわけでないようですね。コアシステムは完全にお払い箱になって、Xbox 360全体がHDMI標準装備となる方向性が見えてきます。

アーケードパックの現実味はなんとも言えませんが、以前[url=http://www.xbox360fanboy.com/2007/07/30/best-buy-is-axing-the-xbox-360-core/]コアシステムが市場から消える[/url]という噂もあり、それとの関連性も見えてきます。あからさまにArcadeの文字が貼り付けてあったりするので、画像の信頼性はいまいちではありますが……。

この新しいアーケードパックはグローバルな展開を予定しているともあり、日本でも発売される、のかもしれません。ただ、日本では未だ値下げの発表も無いので、先行きは不透明です。日本では、いわゆるブルドラパックをはじめとした独自のプレミアムパックがあるので、このアーケードパックのインパクトは256MBのメモリーカード同梱くらいしかないのかも……。

とりあえず日本のユーザーとしては、値下げ時期、HDMIポート、65nmのチップ等の問題の方が気になります。北米を皮切りに、オーストラリア、ヨーロッパ等では値下げが始まっており、日本でのアナウンスが待たれます。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamernode.com/News/3761-Goodbye-Core-360-helloXbox-Arcade/index.html]GamerNode: Goodbye Core 360, hello...Xbox Arcade?[/url])[/size]

【関連記事】
Xbox 360の全コンソールにHDMI標準装備?の“噂”
Microsoft、北米でXbox 360本体の値下げを発表!
Xbox 360の65nmチップは製造開始。さらなるシュリンクも予定

(C)Microsoft




《Kako》

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

    【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  2. 【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

    【特集】『1度は遊んでおきたいSteam基本無料ゲーム』10選

  3. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  4. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  5. 【E3 2017】PS4『スパイダーマン』のオープンワールド性やストーリー設定は?―開発者セッション

  6. 【総力特集】『一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子』10選

  7. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  8. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  9. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  10. 【特集】世界観は最後に作る─『人喰いの大鷲トリコ』上田文人氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top