『キングダムアンダーファイア: サークルオブドゥーム』2007年末に国内発売決定! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『キングダムアンダーファイア: サークルオブドゥーム』2007年末に国内発売決定!

家庭用ゲーム Xbox360

初代Xboxではリアルタイムシミュレーションとして人気のあった、キングダムアンダーファイアシリーズ。Xbox 360版は日本では発売されないのかも、と懸念があった[b]キングダムアンダーファイア:サークルオブドゥーム[/b]が、長い沈黙を破って2007年末に国内発売が決定しました。今作はジャンルが変更になり、アクションRPGとなっています。










マイクロソフトからのニュースリリースは[url=http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20070830.htm]こちら[/url]。主要登場人物は6人の英雄達で、武器やアビリティはそれぞれで違います。スキルの習得を行ったり、夢の中で解明される真実に立ち会ったりとイベントも豊富。戦いの場となるマップは都度自動生成されるランダムマップが採用され、ゲーム性は一段と深さを増しているそうです。Xbox Liveを通じて最大4人までの協力プレイが可能になっているとのこと。フレンドを集ってクエストを楽しむことも出来そうですね。もちろん、ボイスチャットに対応し、ダウンロードコンテンツも配信されるそうです。年齢対象はD区分(17歳以上対象)、価格は7,140円(税込)となっています。発売時期がまだ曖昧ですが、大体年末頃と予定しておくと良いかも知れません。続報が入り次第、お伝えしていきます。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20070830.htm]Xbox公式サイトニュースリリース[/url], [url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=45582]WorthPlaying[/url], [url=http://media.xbox360.ign.com/media/804/804099/imgs_1.html]IGN[/url])[/size]

追記: 2007/10/05
発売は2007年12月13日、7,140円(税込)と決定しました。公式ニュースリリースは[url=http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20071005.htm]こちら[/url]です。

【関連記事】
『Kingdom Under Fire : Circle of Doom』の公式サイトがオープン
初代Xboxタイトル互換リスト更新!新たに国内版19本対応
GC 07: いよいよ開幕!ライプツィヒ『Games Convention 2007』出展タイトルリスト

キングダムアンダーファイア: サークルオブドゥームの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2007, 2008 BLUESIDE INC. All Rights Reserved. “Kingdom Under Fire: Circle of Doom” is either the trademark or the registered trademark of BLUESIDE INC. and PHANTAGRAM CO., LTD. BLUESIDE and the BLUESIDE Logo are either the trademarks or the registered trademarks of BLUESIDE INC. PHANTAGRAM and the PHANTAGRAM Logo are either the trademarks or the registered trademarks of PHANTAGRAM CO., LTD.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【TGS2017】美麗ドット絵だけじゃない、ユニークなアクションタワーディフェンス『Aegis Defenders』

    【TGS2017】美麗ドット絵だけじゃない、ユニークなアクションタワーディフェンス『Aegis Defenders』

  2. 【TGS2017】ゲームで第二次大戦の悲劇語り継ぐ―『CoD: WWII』メディアセッションレポ

    【TGS2017】ゲームで第二次大戦の悲劇語り継ぐ―『CoD: WWII』メディアセッションレポ

  3. 【TGS2017】10分でも5時間でも楽しめるゲームに…『Destiny 2』開発者によるメディアセッションレポ

    【TGS2017】10分でも5時間でも楽しめるゲームに…『Destiny 2』開発者によるメディアセッションレポ

  4. 【TGS2017】PS4/PCオンライン宇宙戦艦ゲーム『Fringe Wars』セッションレポ―戦艦同士の多人数バトルが熱い

  5. 『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

  6. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

  7. 【TGS2017】VRとマイクを使った新感覚ホラー『Stifled』…“声”が鍵となるシステムとは【UPDATE】

  8. 【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

  9. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  10. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top