海外レビューハイスコア『World in Conflict』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『World in Conflict』

PC Windows



●[b]GameSpot: [size=medium]9.5[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―開発側のMassive Entertainmentは、これまでのほぼ10年間、リアルタイムストラテジーゲームを提供してきている。しかし、World in Conflictは疑う余地なく、このスタジオの傑作だ。クセになるゲームプレイ、驚愕のビジュアルまで、このゲームすべてについて超一流と言える。更に重要なことは、World in Conflictはストラテジーゲームへの新しいアプローチを爽やかに提供している。

●[b]IGN: [size=medium]9.3[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―リアルタイムストラテジータイトルが進化し、あなたがこのジャンルについて頻繁に考える方法を、頻繁に変えるということではない。World in Conflictはその世界でそれらの中の1つであり、考えが全く新しいのではなく、開発者全員がそのような方向で成功したとまとめられる。

●[b]EuroGamer: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―これは統合して構築されているので、あなたが協力するスタイルを受け入れる気があれば、マルチプレイモードは絶対的なモンスターとなる。あなたは何時間も何も(仕事などが)できなくなくなるか、好きなだけ20分ほどの速いスカーミッシュモードをプレイすることができる。

●[b]GamePro: [size=medium]9.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―昨年から最も想像的なリアルタイムストラテジーは「Company of Heroes」だが、World in Conflictはとんでもない爆発音とともに出現し、これまでに見た最も爆発的なリアルタイム体験を提供している。

●[b]1UP: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―World in Conflictは、めまいを起こすほど歪んだ学習を詰め込んでいる。マルチプレイヤーは特に厳しく、対戦が完全な大混乱に転覆してしまわないよう、申し分のないチームワークと、いつでもコミュニケーションが取れることを要求する。


* * *


1989年に米国と旧ソ連の冷戦の象徴であったベルリンの壁が崩壊し、民主主義が世界的に広まりましたが、この冷戦が現在でも続いていたら……。そんな「IF」の世界をリアルタイムストラテジーとして制作されたのが、この[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=world+in+conflict&kcatid=&x=0&y=0]World in Conflict[/url]です。インターフェイスが使い易く、統合されています。ゲームで使える陣営は、米軍(US)、ソ連軍(USSR)、北大西洋条約機構(NATO)の3つ。キャンペーンでは、基本的にUS&NATO対USSRの構図となっていますが、マルチプレイモードでは、これらの3つの陣営から1つを選んで対戦・協力プレイをすることが可能です。世界観が現実のものだけに、リアルな表現やギミックなどは違和感がほとんどなく、スムーズにゲームに入れる内容となっています。海外評価も非常に高く、現在の最低点が8.0と高得点をキープ。コレクターズ版(限定版)も発売されており、オマケとしてなんとベルリンの壁の欠片が1個入っています。それ以上に、ゲームは大変ハマリやすい面白さがありますので、是非プレイして欲しいタイトルです。デモも配信されていますので、内容を確かめてからでも遅くはありません!


【関連記事】
注目のRTS『World in Conflict』のデモが24日にリリース!
冷戦復活!ミリタリーRTS『World in Conflict』チュートリアルビデオ
NUKE!『World in Conflict』ベータ版からの核ミサイル着弾ムービー

World in Conflictの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2007 Massive Entertainment AB. All rights reserved. Massive Entertainment, World in Conflict and their respective logos are trademarks of Massive Entertainment AB. Sierra and the Sierra logo are registered trademarks or trademarks of Sierra Entertainment, Inc. in the U.S. and/or other countries. The ratings icon is a registered trademark of the Entertainment Software Association. Microsoft, Windows, the Windows Vista Start button, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies, and 'Games for Windows' and the Windows Vista Start button logo are used under license from Microsoft. All other trademarks are property of their respective owners
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

    ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

  2. 東方第16弾『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』Steam配信開始!―Steamクラウドにも対応

    東方第16弾『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』Steam配信開始!―Steamクラウドにも対応

  3. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

    PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  4. 1人称スーパーヒーローゲー『Megaton Rainfall』非VR環境向けにSteam配信開始―ド迫力の破壊とスケール!

  5. 『うみねこのなく頃に』スピンオフ格闘『黄金夢想曲CROSS』Steam版発売日決定!―Steam版はロビーマッチにも新対応

  6. 残虐シューター『POSTAL』のSteam版に日本語音声追加!―東京・大阪マップも

  7. 『CS:GO』新マッチシステム「Trust Factor」開始―他ゲームプレイ時間やゲーム外の振る舞いもマッチングに影響

  8. 1人称SFサバイバルホラー『Hollow』Steam配信―宇宙船で起きた奇怪な事件を解き明かす

  9. 週末セール情報ひとまとめ『Tom Clancy's Rainbow Six Siege』『Starbound』『KILLER IS DEAD』『Stardew Valley』他

  10. 新作MMORPG『BLESS』オフラインイベントレポ―開発スタッフへのインタビューも

アクセスランキングをもっと見る

page top