「あなたはターンベース派?それともリアルタイム派?」投票結果発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「あなたはターンベース派?それともリアルタイム派?」投票結果発表

家庭用ゲーム PlayStation 2

読者の皆様からの投票結果をリポートするコーナー“Game*Sparkリサーチ”、その第18回目となる結果をお伝えします。願わずも超久しぶりとなってしまった今回の調査テーマは、「[b]あなたはターンベース派?それともリアルタイム派?[/b]」でした。それではさっそく、614名のゲーマーから集まった投票結果を見てみましょう。



ご覧の通り、リアルタイム派が全体の70%近くを占める圧勝。日本では、ターンベースシステムの作品が一般的であるにも関わらず、こうした結果が生まれたのは、普段から海外ゲームに触れる機会の多いゲーマーが多い(と思われる)Game*Sparkリーダー独自の結果なのでしょうか。

ターンベースとリアルタイム。ご存知の通りこの二つのゲームメカニズム使用した代表的なゲームのジャンルといえば、シミュレーション(ストラテジー)とRPGです。ゲームの歴史を遡れば、将棋やチェスといった古典的なボードゲームに行き当たるターンベースシステム。国産のTVゲームやPCゲームでは、RPGもシミュレーションも大部分がこのターン制のシステムが採用されており、古くから現在に至るまで日本のユーザーに親しまれています。

一方のリアルタイム制のゲームは、90年代の初期から海外産のビデオゲームで多くの作品が生まれており、90年代中頃に、元祖ともいえる二大ブランド(すなわちWestwood Studiosの[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Conquer&kcatid=&x=0&y=0]Command & Conquer[/url]、Blizzardの[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-60147&kword=Warcraft]Warcraft[/url])が登場したことにより、リアルタイムストラテジー(RTS)という新しいゲームのジャンルが確立されます。時間に追われながら忙しい操作を要求するこのRTSのメカニズムを、戦闘システムなどに取り入れたRPG作品も海外では多数存在し、じっくり考えて作戦を練るターン制とは対照的な、ダイナミックなゲームデザインが実現しています。

[size=x-small]リアルタイムのMass Effectとターンベースのロストオデッセイ。Xboxユーザーの本命RPGはどっち?[/size]


最近では、国産タイトルでもDSの[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=117-10203]聖剣伝説 HEROES of MANA[/url]や、PS2の[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=114-10358]グリムグリモア[/url]、Xbox 360のギルティギア2 オーヴァチュアといった本家RTSの要素をブレンドした独創的なリアルタイムベースのRPG/シミュレーション作品が生まれていますが、まだ一般的に受け入れられて一つのジャンルとして独立するには至っていないように見受けられます。

反対に、近年の国産RPGの戦闘システムは、ボタン入力のタイミングが必要になるものや、部分的に時間制限が設けられているなど、ターンベースでありながら緊張感やスピード感を演出する様々なシステムが用いられています。

今回の投票結果では、リアルタイム派に軍配が上がりましたが、ゲーマーにとって何より求められるのは結局のところゲームバランス!ですよね。いやあるいは、細分化を続けるこれら二つのメカニズムにとらわれない、全く新しいゲームジャンルの創造をデベロッパーに期待…… なんて無茶を言ってみたりして。[size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/rkaydia/153923019/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
アメリカの有識者たちが日本のゲーム産業について語る
発売日決定!遂に世界へ羽ばたく『ブルードラゴン』海外ユーザーの反応は
RPGパネルセッション 世界のトップランナーがRPGを語る

『Command & Conquer 3: Kane's Wrath』最新ムービー&スクリーンショット
自社RTS対決『StarCraft II』は、『WarCraft III』とここが違う!5つの理由
本格ターンベースWWIIストラテジー『Panzer Tactics DS』トレイラー

海外レビューハイスコア『Jeanne d'Arc(ジャンヌ・ダルク)』
海外レビューハイスコア『GrimGrimoire』(グリムグリモア)
海外レビューハイスコア『World in Conflict』

©BioWare, ©Microsoft Games Studios All Rights Reserved.
©MistWalker, ©Microsoft Games Studios All Rights Reserved.




《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 海外で『フォートナイト』PS4バンドルが発売決定!新規の限定スキンとV-Bucksが付属

    海外で『フォートナイト』PS4バンドルが発売決定!新規の限定スキンとV-Bucksが付属

  2. 【吉田輝和の絵日記】続編期待大の『The Last of Us』をプレイ!―エロ本の話題を振るエリーにキョドるおじさん

    【吉田輝和の絵日記】続編期待大の『The Last of Us』をプレイ!―エロ本の話題を振るエリーにキョドるおじさん

  3. 『Hellblade: Senua's Sacrifice』累計100万セールス突破!Steam版セールも実施中

    『Hellblade: Senua's Sacrifice』累計100万セールス突破!Steam版セールも実施中

  4. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. 『フォートナイト』最終サークルでのバランス調整を予告―ショットガン、ロケット、建築重視以外の選択肢の提供へ

  6. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  7. 『フォートナイト』ショッピングカート復活……ならず、わずか2時間で再度利用不可に

  8. 『サイバーパンク2077』ナイトシティの生活に関する新情報―ドローンやロボットは物語にどう絡む?

  9. 『Fallout 76』「B.E.T.A.」向け日本語FAQが公開、ただし日本でのベータテスト実施は未定

  10. ニンテンドースイッチ版『マインクラフト』がアップグレード!XB1やスマホとのマルチプレイにも対応へ

アクセスランキングをもっと見る

page top