THQ『WWE SmackDown vs. Raw 2008』のDEMOをアナウンス | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

THQ『WWE SmackDown vs. Raw 2008』のDEMOをアナウンス

家庭用ゲーム Xbox360


THQは1日、選ばれた小売業者で[b]WWE SmackDown vs. Raw 2008[/b]を予約した人(北米在住)が同タイトルのDEMO版を受け取れることを発表しました。また15日には同じDEMOがXbox Live マーケットプレースでも配信されるとのことです(日本での配信は不明)。


本作のDEMOは以下の内容となります。

■RAW/SmackDown/ECWの三つのアリーナでエキシビションマッチが可能。

■Rey Mysterio/Bobby Lashley/Undertaker/Randy Ortonの4人のスーパースターが使用可能。

■シングルプレイヤー/2プレイヤー/head-to-headの3つのゲームプレイが可能。

■Superstar Fighting StylesやStruggle Submission Systemなどの新機能が体験可能。

スーパースターは軽量級から重量級までといった感じでしょうか。人気の高いUndertakerが使えるは嬉しいですね。新たに追加される新機能にも期待。

本シリーズは新作が登場するごとに大きく進化していますが、今作では一体どのように進化しているのでしょうか。非常に気になる本作の発売日は11月13日となっています。[size=x-small](ソース, イメージ:[url=http://news.teamxbox.com/xbox/14688/WWE-SmackDown-vs-Raw-2008-Demo-Announced/]TeamXbox[/url])[/size]

【関連記事】
ニンテンドーDS版も。『WWE SmackDown vs. Raw 2008』最新スクリーンショット
『SmackDown vs. Raw 2008』発表。シリーズ最大のマルチプラットフォームに
“各ハード専用タイトルの開発にフォーカス”THQの新しい戦略とは
THQ、WiiやニンテンドーDSでWWEブランドタイトルを計画中

WWE SmackDown vs. Raw 2008の関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)2007 THQ Inc.






《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

    『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

  2. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

    『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  3. 『Need for Speed Payback』Lethal Bizzleがマクラーレンでドリフト挑む神業映像

    『Need for Speed Payback』Lethal Bizzleがマクラーレンでドリフト挑む神業映像

  4. 『THE KING OF FIGHTERS XIV』にサウジアラビアのキャラ&ステージが登場!中東のデザインコンペから選出

  5. 【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

  6. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  7. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  8. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

  9. 『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

  10. 海底SFホラーADV『SOMA』敵の脅威が無くなる“Safe Mode”が実装に―XB1版も海外で予約開始

アクセスランキングをもっと見る

page top