THQ『WWE SmackDown vs. Raw 2008』のDEMOをアナウンス | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

THQ『WWE SmackDown vs. Raw 2008』のDEMOをアナウンス

家庭用ゲーム Xbox360


THQは1日、選ばれた小売業者で[b]WWE SmackDown vs. Raw 2008[/b]を予約した人(北米在住)が同タイトルのDEMO版を受け取れることを発表しました。また15日には同じDEMOがXbox Live マーケットプレースでも配信されるとのことです(日本での配信は不明)。


本作のDEMOは以下の内容となります。

■RAW/SmackDown/ECWの三つのアリーナでエキシビションマッチが可能。

■Rey Mysterio/Bobby Lashley/Undertaker/Randy Ortonの4人のスーパースターが使用可能。

■シングルプレイヤー/2プレイヤー/head-to-headの3つのゲームプレイが可能。

■Superstar Fighting StylesやStruggle Submission Systemなどの新機能が体験可能。

スーパースターは軽量級から重量級までといった感じでしょうか。人気の高いUndertakerが使えるは嬉しいですね。新たに追加される新機能にも期待。

本シリーズは新作が登場するごとに大きく進化していますが、今作では一体どのように進化しているのでしょうか。非常に気になる本作の発売日は11月13日となっています。[size=x-small](ソース, イメージ:[url=http://news.teamxbox.com/xbox/14688/WWE-SmackDown-vs-Raw-2008-Demo-Announced/]TeamXbox[/url])[/size]

【関連記事】
ニンテンドーDS版も。『WWE SmackDown vs. Raw 2008』最新スクリーンショット
『SmackDown vs. Raw 2008』発表。シリーズ最大のマルチプラットフォームに
“各ハード専用タイトルの開発にフォーカス”THQの新しい戦略とは
THQ、WiiやニンテンドーDSでWWEブランドタイトルを計画中

WWE SmackDown vs. Raw 2008の関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)2007 THQ Inc.






《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

    『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  2. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

    プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  3. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

    『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

  4. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  5. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  6. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  7. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  8. 作ったダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』が発表!―「バラエティキット」「ロボットキット」が4月20日発売

  9. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

  10. 『シェンムー3』美麗な街並みや涼の姿を収めた新ショット3枚が披露

アクセスランキングをもっと見る

page top