海外ではこんなの登場…Xbox 360用のマニアックな本格ジョイスティック | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ではこんなの登場…Xbox 360用のマニアックな本格ジョイスティック

家庭用ゲーム Xbox360



懐かしの名作から期待の新作まで、ますます増加中のアーケードライブラリを抱えながら、存在そのものが貴重品で、依然として選ぶ以前の状態になっているXbox 360向けのジョイスティックですが、海外でも入手性が悪くずっと[url=http://store.gameshark.com/viewItem.asp?utm_source=Shopzilla&utm_medium=shopping&idProduct=2710]微妙な奴[/url]しかなかったりして、なかなか苦労しているみたい。しびれを切らしたコアなファンに向け、海外のアーケード用品専門サイトが、こんな新製品を発表しています。



あちらのガレージホビイスト相手に、普段からカスタムメイドのアーケード筐体まで手がけている[url=http://www.arcadeinabox.com/]Arcade-In-A-Box[/url]社のオーナー、Ed Farias氏はいいます。


「Xbox 360には、多種多様なアーケードの名作が揃っているにもかかわらず、これまで本物の操作を備えた、ハードコアゲーマーの要求に応えられる高品質なスティックは存在していませんでした」

「我々のゴールは、まさに本物の、可能な限りベストなアーケードの興奮を求めるゲーマーのために製品を設計し、お届けすることです」




今回発表されたのは、写真の8方向デジタルレバーに6ボタンタイプ。二人用が一組になった本格的なアメリカのアップライト筐体サイズ、[url=http://www.arcadeinabox.com/Scripts/prodView.asp?idproduct=44]Dual 360 Controller[/url]が$299、それと比べればまだ小さな、こちらの[url=http://www.arcadeinabox.com/Scripts/prodView.asp?idproduct=42]Xbox 360 Solo Controller[/url]は、さらに色々カスタマイズ可能でお値段$149からと、やっぱりなかなかマニアック。

[size=x-small]天板デザインなどから、全部カスタマイズ可[/size]


ちなみに、海外のアーケードでは一般的なナスビ型スティックが使われていますが、注文時のオプションで日本の定番、三和電子製シリーズにも変更可能だそう。

少々ハンドメイド感も漂う質実剛健な作りで、特殊な機能こそありませんが、ちゃんとStart&Backボタンの他に専用のXboxガイドボタンも備えており、ボイスチャットのためにヘッドセット用ピンジャックまでつけられます。この辺の詳細が不明なので、どうもこれ普通の有線コントローラが基板ごと入ってる予感がしますが、USBを利用してXboxでもPCでも共に使えるそうな。

[url=http://virtuafighter5.jp/xbox360/index.html]バーチャファイター5 Live Arena[/url]の国内発売が決まったおかげで、ようやく普通に買えるチャンスが再び巡ってきたXbox 360向けのアーケードスティックですが、12月に同時発売のスティックは、やはり入手困難になっていたDead or Alive時代の単なる柄違いといった感じみたい。こちらも以前は、通販専用にマニアックな高額スティックを用意してくれたHORI製だけに、あまり本格派と呼べるものではないのが少々残念。

どうせなら日本でも、もう少し本格的な奴が(もう少し普通に)手に入るようになって欲しいところです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamingnexus.com/Default.aspx?Section=FullNews&I=6233]GamingNexus: "Finally, arcade style controller for Xbox 360"[/url])[/size]

 
【関連記事】
ゲーム画面が登場! 『Super Street Fighter II Turbo HD Remix』 直撮りプレイ動画
『ストリートファイターIV』 はカプコンジャパンが開発する見通し
『ストリートファイターIV』が発表!UKのイベントから突然のレポート


専用スティックもやっぱり登場!『バーチャファイター5』360版スクリーンショット
TGS 07: 隠し球登場!『バーチャファイター5 Live Arena』12月6日国内発売!
祝・『バーチャファイター5』海外Xbox 360版がオンライン対応を発表!


37インチのアクオス3台!夢の究極レースゲームコックピットが販売中…
こんなのが欲しかった?スリムでスマートな初代『Xbox Mini』ケースMOD
最悪なゲームコントローラー TOP10


Thrustmaster、Wii用ワイヤレスクラシックコントローラ発表
サードパーティ製のクールなPS3専用リモコン『Darklite』新登場
リアルでバーチャルな、21世紀型ピンボール台

 



 
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

    『Dying Light 2』昼夜サイクルなどに“大規模な変更”―マップは過去作の4倍に

  2. 『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

    『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

  3. 【吉田輝和の絵日記】PS4版『Fallout Shelter』で地下シェルターを運営!トゲ付き肩パッドはいらなかった…

    【吉田輝和の絵日記】PS4版『Fallout Shelter』で地下シェルターを運営!トゲ付き肩パッドはいらなかった…

  4. 童心が蘇る!スペースシューティング『Starlink: Battle for Atlas』をハンズオン【E3 2018】

  5. PS VR専用の戦略FPS『Firewall Zero Hour』開発者インタビュー…「コミュニケーションで花開く」オンライン対戦とは?【E3 2018】

  6. 『Starlink: Battle for Atlas』ディレクターインタビュー―スイッチ版独占『スターフォックス』アーウィンの詳細も合わせてお届け【E3 2018】

  7. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  8. 懲罰部隊スペア隊が出撃する『エースコンバット7』E3 2018最新トレイラー!Su-57も登場

  9. サバイバルアクション『Dying Light 2』発表!様々なファクションが入り乱れる世紀末

  10. 『フォーオナー』「Marching Fire」の中国勢力をいち早くプレイ―新モードで白熱するド派手攻城戦の結末は【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top