海外レビューハイスコア 『The Eye of Judgement』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『The Eye of Judgement』

次世代カードゲームとして先日発売されたPS3用ソフト[b]The Eye of Judgement[/b](アイ・オブ・ジャッジメント)。モンスター達の大迫力のバトル映像でプレイヤーを魅了します。

家庭用ゲーム PS3


GameZone: 8.3/10
いくぶんニッチなゲームですが、アクセスしやすくトレーディングガードゲームというジャンルを視覚的に楽しませてくれます。


IGN: 8.0/10
Eye of Judgment は大変限られた観衆へとアピールするものとなっていますが、その観衆はタイトルから多くの楽しみを得ています。個人的に素晴らしい時間を得たと思いますが、オフィスにいる誰もが同じ反応をしたというわけではありません。


IGN: 8.0/10
あなたの収集の趣味を簡単に満たしてくれて、驚くほどに簡単に完璧でユニークなPS3の体験を提供してくれます。


GameInformer: 8.0/10
ゲームは簡単です。ゲームは早く進行し、敵を倒すためにパワフルなモンスターたちがスクリーン上に生命が吹き込まれるのを見るのは、コレクションカードゲームファン(CCG)にとっての夢の実現です。


GameSpot: 7.5/10
PlayStation Eyeを準備してその下にマップを敷きます。そして戦いには実際のカードを使います。Eyeはあなたと対戦者の動きを認識し繰り出すアクションをドラマティックな豪華さでテレビ画面上に演出します。


* * *


次世代カードゲームとして発売されたPS3用ソフト[url= http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=123-10025&kword=Eye%20of]The Eye of Judgement[/url] (アイ・オブ・ジャッジメント)。ルール自体は3×3の9マスのうち先に5マスを占領すれば勝ちというシンプルであり、初めてのプレイでも分かりやすい。また、カードゲームにつきものの効果のプレイヤー間での相違や計算間違いなどは全てソフトが行ってくれるため、そういったわずらわしさが無くなったという点、そしてオンライン対応なのでいつでも対人に困らないというのは嬉しいことですね。

しかしながら、肝心のカードを購入しようにもどうやら流通量がすくないらしく、なかなか新たなカードを手に入れることが出来ないのはプレイヤーとしては少々つらいところ。更に、カードはコピーして使うことが出来てしまうという事態も発生しているらしくSCEには早急に対処することが望まれます。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/ps3/eyeofjudgement]Metacritic[/url])[/size]

 
【関連記事】
同梱パッケージもこんな感じに 『The Eye of Judgement』 海外版スターターキット
PLAYSTATION Eyeの可能性は無限大!?『Eye of Judgement』開発者が語る
TGS 07: 大迫力のカードバトル『アイ・オブ・ジャッジメント』体験インプレッション
ブースターパックも同時発売!?『The Eye of Judgement』ビデオプレビュー

(C) Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.
《kirin》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 国内外の期待作が集結! PlayStationタイトルのTGS映像が一挙公開【TGS2018】

    国内外の期待作が集結! PlayStationタイトルのTGS映像が一挙公開【TGS2018】

  2. この緊迫感、初めての感覚だ…『Days Gone』プレイレポ―感染者の大群に追われる恐怖【TGS2018】

    この緊迫感、初めての感覚だ…『Days Gone』プレイレポ―感染者の大群に追われる恐怖【TGS2018】

  3. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

    『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  4. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  5. PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

  6. 『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

  7. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

  8. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  9. 『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

  10. 『CoD:BO4』ベータ終了直前に「Blackout」モードの最大同時参加プレイヤー数が100名へ増加

アクセスランキングをもっと見る

page top