『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより

家庭用ゲーム Xbox360

北米での発売が残り一週間となった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=mass+effect&kcatid=&x=0&y=0]Mass Effect[/url]。Matureレートとなって北米では問題なくリリースとなりますが、なんとシンガポールで発禁となってしまったみたい。その原因は、言わずもがなのレ○ビアンイベント。キャラクターによって変わってしまうとはいえ、やっぱりダメなんですか……?


この悲報は、もうすぐ公式に発表されるらしく(2007年11月13日午後15時の時点では、ゲーム内容が[url=http://www.xbox.com/zh-SG/]Xbox公式サイト・シンガポール[/url]に変わらず記載中)、またもや一悶着となってしまいそうです。これにより、アジア版の発売が延期になるかどうかが心配されます。

過去にもXbox 360のタイトルでは、シンガポールにて[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=the+darkness&kcatid=&x=0&y=0]The Darkness[/url]が「過剰すぎる残忍な描写がある」という理由により発禁となり、アジア版発売が1ヶ月ほど延期になるという騒動が起きています。今回、このMass Effectの問題のシーンは「キャラクターの選択によって、そうなってしまう」ということであり、決め打ちされたものではありませんので発禁は酷すぎるような感じを受けます。でも、国によって審査の強度は違いますし、非常に複雑ですね……。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=22706]MaxConsole[/url])[/size]

【関連記事】
『Mass Effect』ディスク使用量は6.74GB!問題のムービーも
『Mass Effect』発売まであと10日待つべし!最新ムービー2本
『Mass Effect』実績リスト掲載 意味深な実績も

Mass Effectの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)BioWare, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.








《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』ショッピングカート復活……ならず、わずか2時間で再度利用不可に

    『フォートナイト』ショッピングカート復活……ならず、わずか2時間で再度利用不可に

  2. 『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

    『New ガンダムブレイカー』PS4版発売!レスポンス向上など今後の改善予定も

  3. 日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

    日本語音声版『DEATH STRANDING』主人公サム役に津田健次郎が起用された理由

  4. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「リンク」キャラ情報―デザインや技も一新!

  5. 『サイバーパンク2077』にはロード画面が存在しない?開発チームが明かすー海外報道

  6. PS4のヒット作がお得な新価格に!「PlayStation Hits」が海外発表

  7. ニンテンドースイッチ版『テラリア』移植スタジオから直撮りファーストルック映像が公開!

  8. 『フォートナイト』ロケット前に謎のカウントダウン出現ー「何が起こるんです?」

  9. スイッチ『スマブラSP』アシストフィギュアにボンバーマンが登場!お馴染みの十字爆発で強力サポート

  10. 『サイバーパンク2077』舞台となるナイトシティの一部詳細が公開ー地理的事情などが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top