『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより

家庭用ゲーム Xbox360

北米での発売が残り一週間となった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=mass+effect&kcatid=&x=0&y=0]Mass Effect[/url]。Matureレートとなって北米では問題なくリリースとなりますが、なんとシンガポールで発禁となってしまったみたい。その原因は、言わずもがなのレ○ビアンイベント。キャラクターによって変わってしまうとはいえ、やっぱりダメなんですか……?


この悲報は、もうすぐ公式に発表されるらしく(2007年11月13日午後15時の時点では、ゲーム内容が[url=http://www.xbox.com/zh-SG/]Xbox公式サイト・シンガポール[/url]に変わらず記載中)、またもや一悶着となってしまいそうです。これにより、アジア版の発売が延期になるかどうかが心配されます。

過去にもXbox 360のタイトルでは、シンガポールにて[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=the+darkness&kcatid=&x=0&y=0]The Darkness[/url]が「過剰すぎる残忍な描写がある」という理由により発禁となり、アジア版発売が1ヶ月ほど延期になるという騒動が起きています。今回、このMass Effectの問題のシーンは「キャラクターの選択によって、そうなってしまう」ということであり、決め打ちされたものではありませんので発禁は酷すぎるような感じを受けます。でも、国によって審査の強度は違いますし、非常に複雑ですね……。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=22706]MaxConsole[/url])[/size]

【関連記事】
『Mass Effect』ディスク使用量は6.74GB!問題のムービーも
『Mass Effect』発売まであと10日待つべし!最新ムービー2本
『Mass Effect』実績リスト掲載 意味深な実績も

Mass Effectの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)BioWare, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.








《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FIFA 18』ユーザーによるボイコット運動が勃発―ゲーム内課金要素も関連?

    『FIFA 18』ユーザーによるボイコット運動が勃発―ゲーム内課金要素も関連?

  2. 『モンスターハンター:ワールド』モンスターの生態や世界観に迫る「ワールド図鑑」第2弾8種類が公開

    『モンスターハンター:ワールド』モンスターの生態や世界観に迫る「ワールド図鑑」第2弾8種類が公開

  3. ウォークマンやワイヤレスヘッドホン・スピーカーの『モンハン:ワールド』コラボモデルが発売決定

    ウォークマンやワイヤレスヘッドホン・スピーカーの『モンハン:ワールド』コラボモデルが発売決定

  4. 『スプラトゥーン2』ハイドラントがついに11月25日に登場!新ブキの情報も公開

  5. 『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される

  6. 恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』拡張パック「Aberration」海外配信日決定!

  7. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  8. 「Amazon サイバーマンデーセール」でNintendo Switch限定版が販売決定!

  9. 『FINAL FANTASY XII TZA』世界累計出荷+DL販売数が100万本突破―記念トレーラーの公開や専用テーマ・パッチも配信

  10. PS4向け『地球防衛軍4.1 WTS』配信開始―「とにかく避ける」「とにかく撃つ」「すべて破壊する」縦STG!

アクセスランキングをもっと見る

page top